マイベストプロ福島
小熊幸司

髪と体を健康にするための知識と知恵を伝授するプロ

小熊幸司(おぐまこうじ) / 理容師

ヘアーサロンおぐま

コラム

精神状態が免疫力の高さを決める

2021年12月20日

テーマ:免疫力

コラムカテゴリ:美容・健康

前回のコラムで
その人の精神状態が、免疫力の高い/低いを
大きく左右すると言うお話しをさせて頂きました。

今回は、この件についてもう少し掘り下げてお話ししてみたいと思います。

日本は昨年の2月頃からだったでしょうか・・・
新型コロナウイルスの出現で世の中が一変し

「コロナ禍」

などと呼ばれる時代となりました。。。

それに伴い生活に制限がかかり
今まで普通に出来ていたことが出来なくなってしまいました。


大人数ので飲食や飲酒を伴う会合や宴会の自粛
多くの方が集う競技大会やコンサート、さらにはイベントやお祭りなどの中止
隣の席を空けて使用する座席
マスク着用の生活
お店や施設入管の際、物を使用する際の手指消毒などなど。。。

挙げればキリが無いくらい多くの制限がかかりました。

いわゆる

「新生活洋式」

と言われる新しい生活スタイルです。

これからの状況次第では
もしかしたらまだまだ規制がかかるかもしれません。

多くの方がコロナの出現で

「ストレス」

を訴えているのではないでしょうか。。。。

その中で湧き上がってきたのが

恐れ、不安、恐怖、心配事

と言われる感情です。

感染爆発があるのだろうか・・・
コロナにかかったらどうしよう・・・
これからもっと制限がかかる生活になるんじゃ無いだろうか・・・

などなどです。

実は、こういった湧き上がる不安や恐怖の感情が
自己の免疫力を極端に下げてしまうのです。

なぜ、これほど免疫力が下がってしまうかと言うと

大きな要因の一つに

「オキシトシン」

と言われるホルモンが分泌されなくなってしまうからなのです。

オキシトシンとは
別名安心ホルモン/愛情ホルモンなどと呼ばれるもので
穏やかに生活している時は普通に出ているホルモンなのです。

ところが、コロナ禍の生活により
このホルモンの分泌が急激に減っている人が多くなってしまったと言われています。

オキシトシン が分泌されないと
さらに不安や恐怖を感じ、猜疑心さえも生まれてしまい
負のスパイラルに入ってしまうのです。。。

では、どうしたら
オキシトシン をたくさん分泌できるか。。。

オキシトシン がたくさん分泌できれば
不安/恐怖/心配事などに惑わされなくなるわけですからね。

そのためには、大きく分けて2つあります。

一つは
「五感を刺激する」こと。

そして、もう一つが
「心理的刺激を受ける/また、自ずから行う」
と言うことです。

次回は、オキシトシン をたくさん分泌するためのコラムを
書いてみたいと思います。。。

この記事を書いたプロ

小熊幸司

髪と体を健康にするための知識と知恵を伝授するプロ

小熊幸司(ヘアーサロンおぐま)

Share

関連するコラム

小熊幸司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0241-22-2834

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小熊幸司

ヘアーサロンおぐま

担当小熊幸司(おぐまこうじ)

地図・アクセス