まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福岡
山内督雄

熱、水、炎から建物を守る塗装・コーティングのプロ

山内督雄(やまうちただお)

山内吹付有限会社

お電話での
お問い合わせ
093-475-0115

コラム

透明度が特徴!美観を損ねないクリアルマイサニーは展示施設におすすめ

窓ガラスの見た目の美しさを示す透明度は、「可視光透過率」という数値によって比較することができます。
遮熱・断熱塗装コーティング「クリアルマイサニーKO」を施した窓ガラスと、何も塗っていないガラスの違いはほとんどわからないと思いますが、どれくらいの数値なのかご紹介します。

ガラスの透明度を示す「可視光透過率」とは

可視光とは、肉眼で見える光のことです。この可視光が窓などを通り抜ける割合を「可視光透過率」と呼び、0~100%の数値で表します。

一般的なガラスの可視光透過率は88%前後と言われています。つまり、窓ガラスに遮熱・断熱塗装コーティングしたガラスの可視光透過率が88%に近ければ近いほど、透明度は一般ガラスに匹敵するということになるのです。

窓ガラスフィルムの場合は多少の厚みがあり、青みがかかったり、グレーがかったりすることが多いようです。大きな窓ガラスの場合は、フィルムの継ぎ目が目立つことも避けられません。
その点は、塗装コーティングであれば、フィルムに比べて大変薄い被膜なので、色味の変化が起こる心配はほとんどありません。

一般的なガラスとほぼ変わらない。クリアルマイサニーの可視光透過率は85%

遮熱・断熱効果の優れた高機能窓ガラスコーティング剤「クリアルマイサニーKO」の可視光透過率は85%で、一般的なガラスの可視光透過率88%と匹敵する数値です。

他社の窓ガラスコーティング剤は可視光透過率70~75%と言われているものが多い中で、可視光透過率が優れていることがおわかりいただけるのではと思います。

「クリアルマイサニーKO」は、この高い可視光透過率によってガラス本来の透明度に近い状態で施工が行えます。

ガラス越しでもくすみやゆがみが起こらないので展示施設にも最適

「クリアルマイサニーKO」は窓ガラスだけではなく、デパートのショーウィンドーやショーケース、展示施設など、特に透明度が重視される場所の窓ガラスに適しています。

展示物そのものの魅力を、ガラス越しでもくすみやゆがみなく見せることができますし、商品や展示物、室内のカーペットや家具などの日焼けを防ぐのにも役立ちます。

クリアでゆがみのない輝きは高級感あふれる外観を演出しますので、ホテルやマンションなどのエントランス、自動車のショールームなどにもおすすめです。

この記事を書いたプロ

山内督雄

山内督雄(やまうちただお)

山内督雄プロのその他のコンテンツ

Share

山内督雄プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
093-475-0115

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山内督雄

山内吹付有限会社

担当山内督雄(やまうちただお)

地図・アクセス

山内督雄プロのその他のコンテンツ