まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福岡
山内督雄

熱、水、炎から建物を守る塗装・コーティングのプロ

山内督雄(やまうちただお)

山内吹付有限会社

お電話での
お問い合わせ
093-475-0115

コラム

トップライトは夏暑く冬寒い?デメリットは遮熱塗装でカバー

一軒家を建てるにあたって、トップライト(天窓)をつけるかどうかを迷う方もいらっしゃるでしょう。

トップライトは、住宅のデザイン性の高さ、採光の良さなどがありますが、冷暖房効率が悪くメンテナンスも大変そうといった不安もあるのではないでしょうか。

トップライトのメリットとは

トップライトのメリットはいくつかあります。

開放感があり広がりを感じられること、また開口部が空に向いているので壁面にある窓よりプライバシーの確保ができるといったことなどです。

住まいを自然光で照らしてくれるのもメリットと言えるでしょう。
建築基準法上でも一般の壁面の窓に比べて、3倍の採光効果があるとされていますので、部屋の奥でも光が届くので、照明をつけなくても明るい場合が多いのです。

トップライトのデメリットとは

トップライトがある場合、雨音が大きく聞こえることについてよく言われます。雨漏りや修理などのメンテナンスの難しさもあります。

それと、どうしてもガラス1枚を隔てた向こう側の温度の影響を強く受けるので、トップライトがない場合に比べると断熱性・遮熱性能は低くなり、夏は暑く、冬は寒くなります。

また、夏場の直射日光はとても眩しく強烈です。たいていのお宅ではお手製のカーテンなどで塞いでいるケースも多いのではないでしょうか。

夏暑く冬寒いトップライトに遮熱塗装コーティングをして冷暖房効率をUP

確かに、トップライトから熱が出入りし、夏は暑く、冬は寒くなるのがデメリットではあります。

しかし、遮熱塗装コーティングを施すことで熱源となる近赤外線をカットしたり、透明で外は見えるのに、遮光したりすることが可能で、トップライトの解放感を損ねることなく冷暖房効率アップを期待できます。
トップライトの大きなデメリットである冷暖房効率の低さを遮熱塗装コーティングでカバーできるので、トップライトをつけたいけれど躊躇されていた方やお困りの方は、遮熱塗装コーティングを施す、といった選択肢も視野に入れて住まいづくりをしてみてください。

この記事を書いたプロ

山内督雄

山内督雄(やまうちただお)

山内督雄プロのその他のコンテンツ

Share

山内督雄プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
093-475-0115

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山内督雄

山内吹付有限会社

担当山内督雄(やまうちただお)

地図・アクセス

山内督雄プロのその他のコンテンツ