マイベストプロ福岡

コラム

意見の違う人と上手くコミュニケーションをとる方法

2021年6月9日

テーマ:職場でのスムーズなコミュニケーション

コラムカテゴリ:ビジネス

初めまして。

色彩心理ファシリテーターの豊増三枝子と申します。

読者の皆様に楽しくて役に立つコラムを書いていきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いします。



「人づきあいが楽になって、コミュニケーションに悩まない世の中を作りたい!」

そんな熱ーい想いで、コミュニケーション力向上の講座や

カラーセラピーの個人相談を行っています。



もう少し詳しく言いますと、

色彩心理やアドラー心理学のワークを使った講座を行い、

自分の考え方や行動のクセを知ることで

自分に自信が持てたり、

他者との心地良い関わり方のコツを

お伝えしています。


さて、

今日は、マイベストプロのコラム第1話です。

書いていくのが楽しみです!



アドラー心理学をワークの中から

「さまざまな見方・考え方の存在を認める」という話を

書いていきたいと思います。



日常生活の中で、他人の行動について

「なんであんな事するのかなぁ?」とか

「私には理解できない!」とか

思ったことありませんか?



時々、意見や行動が違う人に出会いますよね!



例えば電車の中で、

・化粧をする女性

・携帯電話で大声で話す人

・歩き回る子供を注意しない親



などなど、

なんであんな事するのかなーと思うことは

時々ありますよね!



注意でもしようものなら

「なんでそんなことで怒っているの?」と

反応されるだけで終わってしまう可能性が高いでしょう。



人にはだれでも自分特有の「ものの見方」を持っています。

今までの自分の体験や出来事などからできた

自分特有のメガネを通して

目の前のことを判断しますので、

メガネの数(人の数)だけ

見方や考え方が存在します。



このように、

私たちは主観的な世界に生きています。

人それぞれが主観的意見を持っていますので

時には意見の衝突が起こったりします。



ただ、

言い争っていても、お互いの特有のメガネが違いますので

解決には向かいません!



ではどうしたらよいか・・・・



以下の2点を心がけてみてください。

①相手の「ものの見方(メガネ」に関心を持つこと。

話を一致させるのではなく、お互いの話に耳を傾けましょう。

「へー、そんな考え方もあるのねー」

「そう思っていたのねー」

と相手と話をしてみたらいかがでしょうか?



相手は自分の話を聞いてくれてると思って

悪い気はしないはずです。

むしろ、「自分のことわかってくれてる」と感じ、

フレンドリーな関係になるでしょう。



②意見を伝えるときには

「・・・に決まってるでしょ」とか

「こんなものよ」とか

自分の意見を押し付けず、

「これは私の意見に過ぎないのだけど・・・」

「私はこう思うんだけど・・・」

と意見として伝えると

お互いのものの見方や考え方を認めやすくなります。



良く考えると、

意見の違う方と出会うのは、

実はとてもラッキーなことかもしれませんね。




今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。



また書きます。お楽しみに!


セミナー講師
色彩心理ファシリテーター 豊増三枝子

この記事を書いたプロ

豊増三枝子

コミュニケーション力向上を導く色彩心理学のプロ

豊増三枝子(心のサポート Colorful Cube)

Share

豊増三枝子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-5664-2000

 

講座中、相談業務中は電話に出れません。お問い合わせやお申し込みは、マイベストプロのメールフォームをご利用ください。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

豊増三枝子

心のサポート Colorful Cube

担当豊増三枝子(とよますみえこ)

地図・アクセス

豊増三枝子プロのコンテンツ