マイベストプロ福岡
西田圭子

働きやすい職場づくりで企業と社員の成長を支えるプロ

西田圭子(にしだけいこ) / 社会保険労務士

社会保険労務士事務所 K.コンサルティング

コラム

【2022年最低賃金】過去最大31円引き上げの方向!!

2022年8月2日 公開 / 2022年8月3日更新

テーマ:労働環境

コラムカテゴリ:ビジネス

コラムキーワード: 労務管理働き方改革人事制度 設計

毎年10月に改定となる最低賃金について
今年の改定金額の目安が発表されました。

過去最大となる平均31円(3・3%)の引き上げで
全国平均961円となるようです。


2022年都道府県別最低賃金

都道府県別の賃金額を見てみると、まだまだ地域による格差は大きいですが
最低賃金1,000円以上が着実に近づいてきている印象ですね。

九州は、福岡県以外の各県は全国的にみても一番低いDランク。
福岡県もCランクと、都市規模の割に低いんですよね。


経営者の方は10月からの最低賃金の改定に備えて
アルバイトやパートさんの時給を見直す必要が出てきます。

正社員で月給の場合でも、月給を月の所定労働時間で割り
時給換算した額が最低賃金以上である必要があります。

すでに今年改定後の時給以上で支払いをしている方はよいのですが
最低賃金ラインの時給の方がいる場合は
遅くとも10月1日からは賃金を上げなければいけません。

時給31円引き上げるとなると、人件費への影響は大きいと思われます。

全体の人件費を変えないのであれば、
一人当たりの時給が上がった分、人員を削って業務の効率化を図っていくしかないですし
人員を減らさないのであれば、
人件費が上がる分、どのように売上を伸ばしていくのかを考えないといけません。

経営者にとっては頭を悩ませるところですね。

ですが、これから人手不足はますます加速していきます。
現時点においても、採用は簡単ではありません。
応募者すら集まらないと嘆いている経営者さんも多いものです。

最近は飲食店などのアルバイトでも
時給を高く設定しているところが増えてきました。

これからの人材確保のために
お給料の設定は大事な要素のひとつとなっていきます。
(もちろんそれだけではないですが…)

今後も上がっていくと思われる最低賃金を見越して
早めに、事業展開も含めた人員計画を立てておくことをお勧めします。



社会保険労務士
キャリアコンサルタント
西田 圭子

この記事を書いたプロ

西田圭子

働きやすい職場づくりで企業と社員の成長を支えるプロ

西田圭子(社会保険労務士事務所 K.コンサルティング)

Share

コラムのテーマ一覧

西田圭子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
050-5362-5364

 

※留守番電話にメッセージを残して下さい。
 こちらから折り返しご連絡致します。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

西田圭子

社会保険労務士事務所 K.コンサルティング

担当西田圭子(にしだけいこ)

地図・アクセス

西田圭子のソーシャルメディア

rss
ブログ
2022-08-08

西田圭子プロのコンテンツ