マイベストプロ福岡
萩尾倫美

人材活用や労務手続きに精通し、労務問題を解決するプロ

萩尾倫美(はぎおともみ) / 特定社会保険労務士

ハギオ社会保険労務士事務所

萩尾倫美プロのご紹介

労務や情報管理をサポートするなど企業の信頼性の向上に努める社労士(1/3)

ハギオ社会保険労務士事務所所長 萩尾倫美(はぎおともみ)さん

各種保険や助成金の手続きのほか、個人情報管理についても対応

「例えば大企業であれば、従業員の健康保険や雇用保険などの加入手続きは人事・総務といった専門部署のスタッフがやってくれますが、中小企業の場合は、人事・労務の専門スタッフを置くことも最新の労務動向を把握することも難しいと思います。そんなとき、私どもにお任せいただければ」
 
 そう話すのは「ハギオ社会保険労務士事務所」の萩尾倫美さん。主に、企業の経営者や人事・労務担当者に代わって、各種保険や助成金などの手続きや給与計算を代行する業務に対応しています。
 
「雇用保険を財源として企業に支給される助成金はさまざまなものがありますが、助成金に関する制度は頻繁に変更されるため、経営者の方がその情報を追いかけるのは大変です。また、受託した企業の個人情報の取り扱いには細心の注意が必要で、私どもではホームセキュリティを導入したり、マイナンバーを別サーバーで管理したり、ISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム)認証を取得したりと信頼性を高めています」

 また、企業の存続にも関わるのが労務問題です。特定社会保険労務士である萩尾さんは、労使間で争いが起きた際に事業主や従業員に助言して、裁判ではなく話し合いによる円満解決を目指す労務問題のプロとして活躍。「問題が起きないように、時代に合わせて就業規則や労使協定を整備しておくことが大切」とアドバイスします。

 近年は人手不足による人材の多様化が進み、男性が早朝から夜中まで仕事だけすればいいという時代ではなくなり、子育てや親の介護をしながら働く女性や外国人、定年退職後の高齢者も混在して就業するというのが一般的になっています。

「若い方の中には自分に関係がありそうな問題はスマートフォンで調べて、それが企業の中で行われていることと違うとなると、不満の種になってしまうこともあります。これまでは起こらなかった問題が増えて、経営者がトップダウンで言えば済む時代ではなくなっています」と萩尾さん。

 経営者だけではなく、従業員が上司と部下という形で問題を起こしてしまうケースもあります。昔ながらの勤勉な上司は、始業30分前に出社するのが当然と思っていても、実は労働時間に含まれてしまう場合もある。でも、従業員の心得として当然だと言ってしまうと労働基準法違反や、過度な叱責だとパワハラになってしまうこともあり得ます。そういう認識を改めることが大切だと萩尾さんは言います。

Share

萩尾倫美プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
092-936-9900

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

萩尾倫美

ハギオ社会保険労務士事務所

担当萩尾倫美(はぎおともみ)

地図・アクセス

萩尾倫美プロのコンテンツ