マイベストプロ福岡
  1. ~英語~ 子どもがまだ「読めない」うちに一つだけ意識するとよいことは
多武佳子

子どもの可能性を最大限に引き出す児童英会話のプロ

多武佳子(たぶよしこ) / 英会話講師

RooomT~タミー先生と英語で遊ぼう~

コラム

~英語~ 子どもがまだ「読めない」うちに一つだけ意識するとよいことは

2020年3月22日 公開 / 2020年3月27日更新

コラムカテゴリ:出産・子育て・教育

情報って、何から取り入れていますか?
インスタやアメブロといったSNS、note、電子書籍、テレビ、新聞・・頭の中を整理することが難しいくらい情報があふれかえっています。

子どもが小さいうちに、子育てに対する「自分軸」を持ち、そのための情報に絞って取り入れることをおススメします。どんな人になってほしいか?何を大切にする人になってほしいか?
軸 というのは人それぞれなので、他の人がこうだから・・ほかの人がこういうから・・というのではなく、自分の心に聞きます。(ちなみに「軸がない」のが自分だ、と胸を張って言える尊敬すべき知人もいます!)

という私は、わが子三人のうち、上の二人がまだ小さいころは周りの人に振り回されて・・という失敗をたくさんしてきました。でも、人に意見をそのまま真に受けて反応することは意味がない、と気付いたのは、結局色々言ってくる人がうちのために何かをしてくれるわけではないからです。いろいろ言ってくる人は、自分の子どものことしか考えていないものなのです。

あなたはあなたの子育てのままで、他の人に左右されなくても大丈夫なのです!

平均寿命が100歳に?


さて、それはともかく、
「今20歳の人は100歳以上、40歳の人は95歳以上生きる確率が半分以上ある(参考:LIFE SHIFT(書籍)、
「2045年には平均寿命が100歳に到達すると予測されている」「しかも若くて健康なまま歳を取る時代が来る」NEXTWORLD(2015年NHKスペシャル全5回)
と言われているのをご存知でしょうか。

自分の子どもには、そんな長い人生を「楽しんで」生きていける力をつけてほしいですよね。

「英語を話すこと」自体を学習ゴールにしない


今回は、100年時代を生きると言われている私たちの子どもに「どのような教育をしたらよいか?」について一緒に考えて自分軸を整えていきましょう。

英語・・・ 英会話を学ぶときは、英語を話すこと自体が目的ではなく、
「自分の意見を持ち」
「他人の意見を受け入れ」
「それを自分の言葉で発信していける力」

が大切と考えるとよいです!

英語学習に「おうち多読」を取り入れるとすばらしい効果が


そのうえで、私が考える「英語に触れる機会のほとんどない日本人が使える英語を身に着けるための一番最初のゴール(子ども)」は、Phonics(フォニックス)を家庭学習に取り入れ、発音よく早期に絵本などを音読できるようになること と考えています。 「×・・ローマ字を習うから読めるようになるは間違いです」

自分で文章が読めるようになると、自分で絵本などを通してたくさんの単語や文章をとりいれることができるようになります。

(ちなみに当教室では900冊読み放題(ORT300冊含む)多読システムを取り入れていますのでフォニックス学習と並行して、学習したことを絵本を通して実践できます。外部生でもシステムのみのご利用申し込みをしていただけますのでご連絡ください。)

まずは音からわかる単語をたくさん増やす


とはいえ、どうしたら、小さい子どもが絵本をすらすら読めるようになるの?と不思議に思う方もたくさんいらっしゃるかと思います。

冒頭の「子どもがまだ読めないうちに一つだけ意識するとよいこと」ですが。

とてもシンプルですが、お子さまが文章がまだ読めないうちは、事典などを使って、
まず「音からの語彙力をつける」ことだけ意識してください。 やぎはゴウト、こまはトップ・・・というふうに。

日本語も英語も同じで、「音からの語彙力がある」ということは、読めるようになったときに役に立つとても大切なことです。

この記事を書いたプロ

多武佳子

子どもの可能性を最大限に引き出す児童英会話のプロ

多武佳子(RooomT~タミー先生と英語で遊ぼう~)

Share

多武佳子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
080-6416-8174

 

お気軽にお問い合わせください。留守番電話になりましたらこちらから折り返します。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

多武佳子

RooomT~タミー先生と英語で遊ぼう~

担当多武佳子(たぶよしこ)

地図・アクセス

多武佳子のソーシャルメディア

instagram
Instagram
facebook
Facebook

多武佳子プロのコンテンツ