まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福岡
徳久武洋

要介護者のための民間救急・外出支援・移動のプロ

徳久武洋(とくひさたけひろ)

有限会社 羅漢

コラム

テレビで放映されたスーパードクターズ。この中の患者様のお一人を当社が搬送致しました。

昨日7月24日TBSテレビで放送されたスーパードクターズをご覧になりましたか?

今年5月国内最年少肺移植が岡山大学病院・臓器移植医療センター長、大藤剛宏教授のもと手術が行われ成功しました。

実はこの移植手術のための搬送同行を手術前日にさせて頂いておりました!
個人のプライバシーのため、投稿は今まで控えておりました。





さかのぼること昨年12月ソーシャルワーカー様よりこの移植のための転院のご相談を頂きました。
「岡山までの搬送を検討している患者様がいらっしゃるんです。実はこの転院は臓器移植手術のための転院なので日時、時間を前もって決めることができないが、是非、民間救急らかんさんにお願いしたい。」といったものでした。

2月、ドクター様より打ち合わせしたいと連絡がありました。病室へ行くと、一歳の幼い女の子には体よりはるかに重く大きな一酸化窒素のボンベ装置・多くの医療器材がチューブで繋がれていました。生まれてから一度も外出したことがない...。
病室のベッドに座る幼い女の子にはそんな事は微塵も感じさせない無邪気な姿が印象に残りました。







それから3ヶ月後、移植が決定したという連絡を受けました。最終的な打ち合わせは、電話・メールで夜まで続きました。
大きな装置と多くの医療資器材が必要なため、車両大型のリフト車を選定しました。
移動はご両親はもちろん、病院より2名のドクターと1名のナースが同行されました。ご両親の緊張とは逆に幼い患者様のご様子は人生で初めて見る外の景色に釘付け、ドライブを楽しんでおいでのようでした。
病院へ到着し、岡山大学教授への取材の様子などをみて、この搬送がとても有意義なものだったのだと改めて思い知らされました。私共にも大藤先生より「お疲れ様でした」とやさしくお声を掛けて頂きました。感激です。









テレビで元気にご回復をされたお子様を拝見しましたとき「命を繋ぐ奇跡」のほんのわずかな、一部に私達も携わる事ができたことに感慨深く込み上げるものがありました...

このような特別な機会を与えて下さった病院関係者の皆様、ご家族の皆様に心より深く感謝申し上げます。

この記事を書いたプロ

徳久武洋

徳久武洋(とくひさたけひろ)

徳久武洋プロのその他のコンテンツ

Share

徳久武洋プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-13-9984

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

徳久武洋

有限会社 羅漢

担当徳久武洋(とくひさたけひろ)

地図・アクセス

徳久武洋プロのその他のコンテンツ