まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福岡
徳久武洋

要介護者のための民間救急・外出支援・移動のプロ

徳久武洋(とくひさたけひろ)

有限会社 羅漢

コラム

残されたわずかな時間を故郷で。福岡空港から飛行機で奄美大島への移送

 今回のお客様も急に決定致しました。もともと治療の為に福岡においででしたが、見込みよりも回復できずにいたようです。利用者様にとっては異境の地では心が安らぐ事もなく、知人もいない。ご家族様には「故郷に帰りたい、帰りたい」と口癖の様におっしゃっておられたそうで、それなら少しでも早いうちにと急遽ご相談いただきました。

参考ブログ
飛行機を利用しての遠方移送

 飛行機での寝たきりの方の移送では、空港との事前の打ち合わせが必要です。限られた時間ですので約半日で打ち合わせを終えました。今回の利用者様はまっすぐ寝たままの状態よりも上体を起こしたままの方が負担が少ないので空港内ではストレッチャーからリクライニング式車椅子へ移乗してから飛行機へお乗せすることになりました。



ターミナル付近駐車場



 ご本人様の状態は継続酸素必要・痰の吸引が必要な方です。飛行機での移送には看護師などの同行が必須でしたが娘様が看護師なので娘様が同行される事になりました。



空港ロビー



 迎えた当日、看護師の娘様が利用者様へ、「奄美に帰るよ!今から行くからね。」とかけ声をかけると、不思議とお顔が穏やかに見えました。空港まで無事に到着して最後の詰めに入ったのですが、娘様が一つ不安を口にされました。酸素や吸引を必要とする方は、体内に安定的な酸素が供給されている必要があります。体内の血中酸素濃度を測定する、「パルスオキシメーター」というものがありますが、これを入手する時間が無かったとの事でした。

 「じゃあ、これをお貸ししますよ。到着したら郵送していただければ大丈夫です。」こちらからそうご提案すると大喜びして頂き、無事に飛行機へお送り致しました。



航空機へ



 数日後、郵送頂いたパルスオキシメーターにお礼のお手紙を頂きました。遠方への搬送でしたがこういったお客様からのお言葉が何よりの原動力だと改めて認識しました。

 当社、民間救急らかんのサイトは、こちら

この記事を書いたプロ

徳久武洋

徳久武洋(とくひさたけひろ)

徳久武洋プロのその他のコンテンツ

Share

徳久武洋プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-13-9984

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

徳久武洋

有限会社 羅漢

担当徳久武洋(とくひさたけひろ)

地図・アクセス

徳久武洋プロのその他のコンテンツ