まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福岡
徳久武洋

要介護者のための民間救急・外出支援・移動のプロ

徳久武洋(とくひさたけひろ)

有限会社 羅漢

コラム

新幹線を利用しての搬送

遠方への搬送・民間救急ならではの搬送

2015年1月8日 / 2016年6月12日更新

 ●先日、私ども民間救急が長距離搬送が出来るお話
を致しましたが、長距離搬送を行うにあたり、私が提案
するのは陸路を利用するだけではありません。新幹線を
利用することもあります。これは、最終的には医療従事者
様との確認も必要となりますが、車で長距離を走るより、
快速の新幹線が利用者様の身体的負担にならなければ、
そういった搬送プランを作成することも出来ます。

このような搬送では、以下の様に搬送計画を企画・実行
致します。

①搬送元の病院と搬送手段(新幹線)の決定
         ↓
②乗車日時の調整・乗車券の手配
         ↓
④到着駅から搬送先病院への民間救急業者手配
         ↓
③駅スタッフ・病院・搬送業者との打ち合わせ
         ↓
④当社が病院(又は自宅)より、出発地点の新幹線の駅へ
         ↓
⑤ご利用者様・ご家族様を駅構内までご案内
         ↓
⑥新幹線到着・停車(1分~5分)
         ↓
⑦利用者様・同行者様を乗車
         ↓
⑧目的地近くの駅に到着、現地の民間救急スタッフ
  が車両へとエスコート
 (現地近くの民間救急業者さまを手配、連携)
         ↓
⑤現地の民間救急業者が目的地へと搬送

  こういった流れで運行されます。 




★新幹線を利用した搬送事例★
◆神奈川県からの搬送
◆博多駅から名古屋まで(介護士同行)
◆小倉駅から新大阪まで

一括して長距離搬送計画を企画することのメリット



●チケットの手配や到着駅での搬送業者はお客様から手配
いただく事も出来ますが、当社で一括して行えます。
便利ですので是非ご利用下さい。又、到着先の業者様も、
当社にお任せ頂ければ到着先でもスムーズに移動できます。
新幹線の経由地で降車する場合は、停車時間も短く、
スキルが要求されます。こういった理由も当社が一括して
搬送計画をしている理由です。

●そして、心配しなければならないこともございます。
新幹線移送中にもし、何かあったときにどうするのか?
私共はそういったリスクの部分も考慮し安全安心な
移送を心がけております。

新幹線を利用する際のデメリット


●新幹線が利用できる事によるメリットは大きいです
が、搬送に不向きなケースもございます。そちらも
併せて知っておくと便利です。

①移乗の回数が増えます。
つまり患者様が病院のベッドからストレッチャー
(当社の移動用ベッド)に移り、新幹線では
ストレッチャーから多目的室のベッドへ移る
必要があります。また、到着駅からは逆の手順
で移動しなければなりません。「トータル4回の
移乗が体の負担にならないか」この部分が
搬送手段決定に当たり大切な事です。

②駅の沿線上にない方にはメリットがない
例を挙げますと、福岡から宮﨑への搬送は
ほとんどが陸路です。新幹線のえきから遠い
事が最大の理由であり、降りた駅から長時間
係るのであれば経済的効果も期待できません。

③医療処置が必要とされる患者様はケアの
内容によっては乗車が困難な場合も
ございます。

遠方にいるご家族の移送手段でお困りの
際には、まずご相談ください。福祉タクシー
のご用命は
民間救急らかん

この記事を書いたプロ

徳久武洋

徳久武洋(とくひさたけひろ)

徳久武洋プロのその他のコンテンツ

Share

徳久武洋プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-13-9984

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

徳久武洋

有限会社 羅漢

担当徳久武洋(とくひさたけひろ)

地図・アクセス

徳久武洋プロのその他のコンテンツ