マイベストプロ福岡
前田和人

人材・財務の両面から中小企業を元気にするプロ

前田和人(まえだかずと) / 人材・財務の両面から中小企業を元気にするハイブリッドコンサルタント

株式会社M&Mパートナーズ

お電話での
お問い合わせ
092-285-2578

コラム

【マンションは新築?中古?】

2020年1月14日

コラムカテゴリ:くらし

こんにちは!

M&Mパートナーズの前田です。

今回は少し真面目な記事を書いてみますね。




2016年―2018年まで首都圏で

3年連続で中古マンションの契約件数が新築を上回った。

2018年に行われた住宅・土地調査によると、

住宅総数は6241万戸。

しかし、その13.6%にあたる849万戸が

すでに空き家になっている。




少子高齢化も進み、人口は減少傾向が続く。

世帯数の推移を見ると、2023年の5419万世帯がピークで、

以後は減少し、2030年には5076万世帯になる。




つまり、人口と世帯数の減少により住宅需要の先行き

頭打ちになるのは明白である。

それにもかかわらず、人口と世帯数の構造変化に

対応した住宅政策が取られてきていない。




国は十数年にわたって新築マンションや

戸建て住宅を建て続けることが

経済成長につながるとして歓迎してきた。




それを下支えしてきたのが税制面での優遇策である。

内容は割愛するが、新築優遇はあるものの

中古の場合は税制優遇が新築に比べると

圧倒的に少ないのが現実である。




中古住宅を購入する場合は、物件の評価が

1つの鍵を握る。リノベーション物件の評価を

銀行が対応できるのか?ほぼ期待できないので、

評価業者に頼ることになるでしょう。




ここも国の明確な方針がなければ

難しいでしょうね。

アメリカでは、国の中古住宅政策が整っている

ことから中古住宅の流通が多いのです。




こういう記事は書き始めると長くなるのでf^_^;)

だいぶ割愛した内容になってしまいますね。

大きな流れとして読んでもらえれば…と思います。




福岡にいると人口減少を体感することは少ないですが

いろんな業界で変化が起こっています。

それに対して、国は本当に必要な打開策を

打ち出せていない。ということになるでしょう。




いや、打ち出すつもりはないのかもしれないですね。

だいぶ前に総理だった小泉さんが言っていたように

全ては「自己責任」です。




老後2000万円問題がフォーカスされ問題になりましたが

間違いなく2000万円では足りるはずがありません。

現実に蓋をしたい策略が見えますね。




世の中の流れを自分の目で肌で感じながら

自己責任でこの先のことを考えていかなければ

国は助けてくれそうにありませんね。



それでは今日も素敵な1日をお過ごしください(^_−)−☆

この記事を書いたプロ

前田和人

人材・財務の両面から中小企業を元気にするプロ

前田和人(株式会社M&Mパートナーズ)

Share

コラムのテーマ一覧

前田和人プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
092-285-2578

 

日中はコンサルティングや講座で、電話に出られない場合もあります。ホームページやメールからご連絡いただけますとできるだけ早く折り返しいたします。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

前田和人

株式会社M&Mパートナーズ

担当前田和人(まえだかずと)

地図・アクセス

前田和人のソーシャルメディア

youtube
YouTube
2019-11-17
rss
ブログ
2020-01-22
twitter
Twitter
2020-01-16
instagram
Instagram
facebook
Facebook

前田和人プロのコンテンツ