まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福岡
松尾悠

感喜をペーパーアートに込めるプロ

松尾悠(まつおはるか)

GOOD TIME

コラム

パーチメントクラフト「フェアリーズ2018」掲載作品は・・・

以前のコラムで例年通りフェアリーズ本が出版されることを書いたままになっていました。
ということで、今回の作品が誕生するまでのことを思い出しながら綴ることにします。
フェアリーズ2018のテーマの一つはウェディング。
講師有志はその中で表現したいものを決めて、それぞれが作品にしました。

私はほぼ毎月ウェディングに関係する作品のオーダーをいただいて手掛けているので、これまでと同じ雰囲気にはならないような作品とは何か、とても悩みました。
私が参加したこれまでのフェアリーズ本の作品を考える根底にあるものは、家族。
その原点に戻って考えた結果、毎年両親の結婚記念日に作っていた何段にも重ねたケーキを思い出し、「ウェディングケーキ」はデザインを創ったことありましたが、作品にまでは到達出来ていなかったので、今回はウェディングケーキをテーマにしてみることに。
テーマが決まったのは良いものの、ザ・王道といったウェディングケーキのデザインを描いていたら、母が一言、「それって誰もが考えるよね」と。
私の作品を一番好きで、一番理解していて、一番の難関である母の指摘はご尤も。
過去、私は良いと思っても母があんまりと言う作品は、ことごとく人気無しという現象が起きているので、母の作品を見る目は確かなのです。
その母の一言で完成間近のデザインはお蔵入りになり、無の世界から再スタート。

そしてあの頃の手作りケーキをもう一度思い出し、映画のような手作り感溢れるウェディングパーティーをイメージしてみたらどうだろう、新婦が手作りしたケーキというコンセプトにしてみたらどうだろう、と考え始めたら一気に完成形がイメージにわいたので、それからはひたすらその完成形を目指すだけ。

出来上がった作品は一見、どんなテーマなのかと考えるであろうものになりました。
それが私らしいといえば私らしい・・・。
あと10日あまりで出版されますので、どんな作品になっているのか本で、またホビーショー会場である東京ビッグサイトでご覧いただければ幸いです。

お蔵入りになったデザインは気に入っているので、王道のウェディングケーキ作品としていつか誕生させたいなと密かに思っています。

【日本ホビーショー】
日時 4 月 26 日(木) ~ 28 日(土) 10時~18時(最終日は17時まで)
会場 東京ビックサイト 東展示棟 東 4.5.6 ホール

パーチメントクラフトをしてみたいと思われたら・・

レッスンのご案内

パーチメントクラフトの世界へ

映像で見るパーチメントクラフト

この記事を書いたプロ

松尾悠

松尾悠(まつおはるか)

松尾悠プロのその他のコンテンツ

Share

松尾悠プロのその他のコンテンツ