まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福岡
松尾悠

感喜をペーパーアートに込めるプロ

松尾悠(まつおはるか)

GOOD TIME

コラム

はじめまして。

パーチメントクラフトあれこれ

2014年6月20日 / 2018年8月28日更新

はじめまして。
パーチメントクラフト作家・講師の松尾 悠(はるか)と申します。

パーチメントクラフトをご存知でしょうか?
ペーパークラフトの一種で起源は諸説ありますが、中世ヨーロッパの修道院で宗教画や聖書の表紙などに用いられていた細工を施した羊皮紙といわれています。

その後コロンビアでペーパークラフトに発展していきます。

私が属するPergamano(ペルガマーノ)というオランダに拠点があるパーチメントクラフトアカデミーの創設者がマーサ・オスピナという女性です。
この方はコロンビア出身。
コロンビアで発展を遂げたパーチメントクラフトテクニックを身につけていたことはいうまでもありません。
結婚を機にオランダに来たマーサは言葉を教えてもらう代わりに、パーチメントクラフトを教えることとなり、それがPergamano創設のきっかけとなったといいます。

キッチンで和気あいあいと楽しくしていたことが全世界に広まっていき、日本に入ってきたのは1990年代。
そしてここ日本でもテューター(=講師)コースのカリキュラムを終え、試験に合格したIPCA(Interstitial Parchment Craft Academy)認定講師が毎年誕生しています。

もちろんパーチメントクラフトテューターになることを目標とされている方ばかりではありません。
私が主宰する『GOOD TIME』に通われている生徒さんは趣味で楽しみたい方、老後の楽しみとなっている方、子育てから暫し解放されたい方など様々。
私自身もパーチメントクラフトを楽しんでもらうことが何よりだと考えています。

これからマイベストプロのコラムで、パーチメントクラフトの魅力を余すところなく伝えていきたいと思っています。
どうぞ宜しくお願い致します!

パーチメントクラフトをしてみたいと思われたら・・

レッスンのご案内

パーチメントクラフトの世界へ

映像で見るパーチメントクラフト

この記事を書いたプロ

松尾悠

松尾悠(まつおはるか)

松尾悠プロのその他のコンテンツ

Share

松尾悠のソーシャルメディア

youtube
YouTube
2017-11-10
facebook
Facebook

松尾悠プロのその他のコンテンツ