マイベストプロ福岡
  1. 職場にダンスの時間を採り入れたら、仕事が楽しくなるかもしれません。
村田稔

人間関係のギスギスをほぐし、職場環境を改善するプロ

村田稔(むらたみのる) / 職場の人間関係を円滑にするファシリテーター

福岡リシエ株式会社

お電話での
お問い合わせ
090-2504-6397

コラム

職場にダンスの時間を採り入れたら、仕事が楽しくなるかもしれません。

2020年1月22日

テーマ:1.リシエ式の考え方

コラムカテゴリ:ビジネス




楽しい気持ちになるためには
体を動かすことがいいそうです。

嬉しい、面白い、と感じた瞬間に
椅子から立ち上がったり、
ガッツポーズをしたり、
手で合図をしたり、
しますね。

ぼくたちは、いいことに遭遇すると、
体のどこかを動かします。
そのとき幸せ感を味わっています。

じつはその逆があるそうです。
体を動かすと幸せを感じるように
楽しさを感じるように
なるそうです。

矢野和男さんの著書
『データの見えざる手』
の中で加速度センサーを付けてもらい
体の姿勢や動きのデータをとる調査の結果、
からだを動かすとハッピーになる、
ことが分かったと書かれています。

また、職場で幸せ感(楽しいと感じること)を
感じることが多い場合は、
業績もよくなるのだそうです。

 業績が良かったので(給料が増えて)
楽しく感じるということではなくて
さきにハピネスを感じ、その結果業績が良くなる
ということです。
 このことはほかの本にもよく書かれています。

そして、その職場の人たちの体の動きも
活発になっているそうです。

確かに自分のことを思い起こすと
あるいは周りの人のことを思い浮かべると
楽しそうなとき、一生懸命に話しているとき
身振りや手ぶりが大きくなっていることがあるな
と感じます。

その逆の順番
①からだを動かすと②楽しくなる場合が
本当にあるのかな?と考えてみると・・・

ダンスがその例かなと思いました。
悲しそうな顔つきで踊っている人を
見たことがないです。

実際に踊り始めると気分がリラックスしてきますし
少しずつ楽しさを感じ始めるような気がします。

つらいことがあった後に
踊り始めるとそのことを
いったん忘れるようになるのか?
忘れるわけではないけれど
いったん切り離して
踊りに集中し始めると
つらいことから自由になって
楽しさを感じることができるのかもしれない。

ダンスを趣味にしている人は
つらいことや面倒くさいと思っていることと
うまく折り合いをつけることができているのかも
しれないと想像しています。
3人の方に訊いてみましたが、
よくわからないと言ってました。
でも、3人とも楽しそうに仕事の話をします。


仕事のある工程で失敗して
お客さんや社内に迷惑をかけて
お詫びをして、善後策を講じる。
上司から叱られたときに、

「わかってます。もうそれ以上言わないで」
と心の中で唱え、その後、
ぼくって駄目なやつと自己嫌悪に陥る。

そんな時に体を動かすと
体操や荷物運びなどをすると
少し気持ちが落ち着いたり楽になったり、
冷静に自分の行動を振り返ったりできるのかも
しれません。

そういう経験をしたことがあるかどうかというと
思いあたらないのですが、
こんどそういう機会があれば意識的に
やってみようと思います。


ダンスを職場に日課として採り入れたら
業績が高まるかもしれない。

毎日午後3時に3分間音楽をながして
職場のみんなでダンスをする。
みんなが楽しいと感じる
仕事へのやる気が増える
業績が良くなる
なので基本給やボーナスが増える
みんなのモチベーションが高まる

ここに「いいこと探し」
(職場で起きたいいなと感じたことを伝え合うこと)
を追加すると会話もさらに増えて
たくさんのハピネスで満たされる。

明日も来たい職場に近づいてゆく。
そういう方法を
理屈はどうでもいいのですが、
誰でも
すぐに始められて、
小さくても確かな効果があって、
続けてゆける方法を
探索中です。

この記事を書いたプロ

村田稔

人間関係のギスギスをほぐし、職場環境を改善するプロ

村田稔(福岡リシエ株式会社)

Share
関連するコラム

村田稔プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-2504-6397

 

日中はワークショップや講座のため、電話に出られない場合もあります。ホームページやメールからご連絡いただけますとできるだけ早く折り返しいたします。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村田稔

福岡リシエ株式会社

担当村田稔(むらたみのる)

地図・アクセス

村田稔プロのコンテンツ