まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福岡
末次祐治

確定拠出年金とライフプラン見直しのプロ

末次祐治(すえつぐゆうじ)

くるみ企画

コラム

子供が生まれたら学資保険!それ以外の方法は?

教育資金

2016年10月20日

“経済的幸福度に貢献する” ファイナンシャルプランナーの末次祐治です


末次祐治

学資保険は単なるペットネーム?


お子様が生まれた場合、教育資金を貯める方法としてまず何を考えますか?
「学資保険に加入しよう」と考える方が多いのではないでしょうか
日本では、子供が生まれたら学資保険、二人目も学資保険と
お子様の教育資金を準備する方法としては、一番選ばれている方法かと思います。

実際は、学資保険という保険の種類があるわけではなく、正式には養老保険(ようろうほけん)
といって、例えば、万一あったら1000万円、満期まで生きたら1000万円という死亡保険金と
満期保険金が同額の保険で必ず満期がある保険の事を養老保険といいます。
いわゆる貯蓄タイプの保険です。
この保険に、入院の特約や親に万一あった場合に支給される育英年金などの特約がセットされ
学資保険というタイプの保険を各保険会社がつくって販売しているわけです。


教育資金

元本割れするケースもある?


子供が生まれたら学資保険という当たり前のようにかけてきた保険ですが、ご存知の方も
多いとは思いますが、近年低金利時代で保険会社の予定利率も低下していることから
実際払った保険料が満期でもらうお金より多いという現象が商品によっては起きています。
契約する際の「月々の保険料と満期でいくらもらえるか」で納得し、トータルでいくら払うか?
の計算はしていない方は元本割れになっているケースもあります。

契約途中で元本割れすることに気づいた方でも、今やめるともったいない という考えで
損する保険とわかっていて 継続している方がいるのも事実です。
(損してもいいと割り切っている、自分を納得させている、低金利だから仕方がない)

このような状況下で、一部の学資保険では元本割れするケースもあり、この養老保険
という種類ではなく、終身保険という種類の保険を使って教育資金を準備する方法が
最近では主流になりつつあります。

低解約型の終身保険を親の保険としてかけて基本は大学入学資金の準備として 
この保険を活用している方も増えてきました。

保険以外で準備する方法は?


保険商品をつかってお子様の教育資金を準備する方法が一般的だとは思いますが
元本割れしたり、保険加入が難しかったりするケースもありますので
保険商品以外で準備する方法をご案内しましょう。

■保険商品以外で用意する場合の一例

・普通預金
・投資信託
・投資信託(ニーサ・ジュニアニーサ口座を使用)
・不動産投資

など色々な手段があります。

ちなみに、児童手当を使わずに全部貯めたらいくらになるかご存知ですか?

答えは 198万円です。(0歳~15歳まで※所得制限がありますが)
結構な金額になりますよね^^

例えばですが(推奨を目的ではありません)

●この金額を学資保険の保険料にあてれば
⇒約5~10%程度増えるので207万円~220万円ほどになります。

●学資保険ではなくて、ジュニアNISAを使ったら?
⇒ジュニアNISAで6%運用できれば、400万円ほどになってくれます。

ただ将来の金額は確定してはいませんので、あくまでも選択肢の一つです。
今から18年後を考えたら、大学入学を例にとると、今よりも入学金や授業料も値上がり
していると思います。よって、学資保険では、もしかしたら 足りないケースもでてくるかもしれません。
よって、考えをシフトして貯める&増やす この両軸で教育資金を用意しておくという考え方が
まずは重要になろうかと思います。(公的年金の考えと同じです)


ポイントは


■ご家庭に合った方法で時には併用しながら、有効にかつ最適な商品選択が重要なことかもしれません





☆彡※☆彡※☆彡※☆彡※☆彡※☆彡※☆彡※☆彡※

~確定拠出年金(DC)相談ねっと 認定FP~

個人・法人問わず全国からの相談を 「なるほど回答」 で

わかりやすくお伝えしています

https://wiselife.biz/fp/ysuetsugu/

~末次 ゆうじ フェイスブックページ~

コラム・執筆・セミナーなど価値ある情報と

息抜きにプライベートなことも発信しています

https://www.facebook.com/profile.php?id=100010126183323


~確定拠出年金セミナー~
https://wiselife.biz/fp/ysuetsugu/seminar/801(福岡開催)

この記事を書いたプロ

末次祐治

末次祐治(すえつぐゆうじ)

末次祐治プロのその他のコンテンツ

Share

末次祐治のソーシャルメディア

facebook
Facebook

末次祐治プロのその他のコンテンツ