マイベストプロ福岡
楠理英子

人生の大きな決断や悩みに寄り添う不動産コンサルのプロ

楠理英子(くすりえこ) / 不動産コンサルタント

コンフォ

コラム

初めての不動産投資2 利回り

2020年11月18日 公開 / 2020年11月22日更新

テーマ:不動産投資

コラムカテゴリ:お金・保険

投資の世界ではよく”利回り”という言葉が出てきます。
この”利回り”についてご説明します。

不動産投資で出てくる利回りには2種類あります。
”表面利回り”と”実質利回り”です。

表面利回り=年間の収入/物件の価格×100(%)
賃料35,000円 共益費2,000円 物件価格400万円の場合
毎月の収入は賃料+共益費で37,000円となるので
37,000円×12/400万円×100=11.1%です

実質利回りはかかった経費などを考慮した利回りです。表面利回りより低くなります。
実質利回り=(年間家賃収入 - 年間経費 )÷ (物件の購入価格 + 購入時諸経費 )
年間経費は固定資産税や管理費など、購入時諸経費は前回のコラムでお伝えした登録免許税や印紙税、仲介手数料等です。

広告で見る”利回り”はほぼ表面利回りですので実際に購入するときには実質利回りを考慮しなければいけません。

投資目的で気になる不動産が売られていて不動産屋さんに問い合わせるときは
・固定資産税、都市計画税
・管理費、修繕積立金
・不在オーナー費(所有者が住んでいない場合かかるものです)
・その他の経費
もたずねましょう。

福岡の物件では一般的に、新しい物件では表面利回り5~6%、築30年前後の物件では8%~が購入してもいいかなという気になる方が多いようです。

この記事を書いたプロ

楠理英子

人生の大きな決断や悩みに寄り添う不動産コンサルのプロ

楠理英子(コンフォ)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧

楠理英子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
092-791-5752

 

ホームページの問い合わせページからもお気軽にお問い合わせください。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

楠理英子

コンフォ

担当楠理英子(くすりえこ)

地図・アクセス

楠理英子プロのコンテンツ