まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福岡
松元昌子

カラーのプロ

松元昌子(まつもとしょうこ)

イルドクルール

コラム

美味しそうに見えない、本来の色でない、照明の選択ミス

色温度福岡good2018
色温度福岡bad2018

照明の問題はカラー診断だけにとどまりません

人の個性の色を判定するカラー診断に最高や光源が一番重要です。
しかし、一般の生活の中でも、また販売や製造、デザインや建築、教育や医療の専門分野でも、色が正確に見える適性は光は大切です。

画像は、お茶の時間にいただいたケーキを使ったシュミレーションですが、
照明の色温度一つでこうも印象が変わります。
いかがでしょう、食欲が湧きますか?
もし、これが販売のショーケースの中なら、このケーキは売れるでしょうか?
ネットショップなら売り上げはどうなるでしょう?
せっかくの素晴らしい、美味しい新鮮な商品が、これでは台無しです。

もちろん、色が正しく見えるためには、色温度問題を解決すれば良いと言う話ではありません。
私たちカラーコンサルタント・カラースクール・イルドクルールは、
最適な照度、最適な色温度、そして国内外最高水準の演色評価指数の光源を、最適な範囲と角度で照射してカラーの業務を行なっています。



アシストライト福岡

ぜひ、色が正しく見える光源を使った標準光カラー診断を!

この特許庁実用新案取得のアシストライトは、ベストな照度、演色性、色温度、照射角度と範囲のカラー診断専用照明です。
※九州ではカラースクール・イルドクルールでカラーの理論と実践を修めたカラーリストだけが使用権を持つオンリーワンの照明です。


演色性福岡2017

光が適切でないと、パーソナルカラー診断自体が無効になります

ここ福岡で、大分で、熊本で、佐賀で、長崎で、そして鹿児島宮崎で、色が正しく見えるパーソナルカラー診断専用標準光を使った誠心誠意のまじめなカラーリストは各地で活動中。
いつでも、最寄りのカラーリストをご紹介できますのでお気軽にお問い合わせください。
私たちは九州でこの標準光を使うオンリーワンのカラーリストグループです。
(画像はカラー診断時の光が適切であるか否か判断に使う検査紙、光が適切でないと色は正しく見えません。また光が適切でないと、カラー診断自体が無効になります。)
私たちカラーコンサル界でも、色と光は最大の問題となっており、
↓その問題について詳しく解説しましたので、カラー関連・専門の皆さまはご参照ください。
▶︎カラー診断を誤る大きな3つの原因






▶福岡のカラースクール最新情報/2018年2月1日

▶︎松元昌子 on Twitter

▶福岡天神で標準光でカラーコンサル・カラー診断承ります
(福岡天神のベストカラー/パーソナルカラー診断はとても便利と好評です)
★アクセスの良い天神のカラースタジオはこちらです(赤いバルーンでマーキングしています)
mapイルドクルール
[[▶GoogleMapの地図情報で詳細はご確認下さい(印刷推奨) https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AB/@33.5869112,130.3959002,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x35419187ce931feb:0xf629c9cd2b127e28!8m2!3d33.5869112!4d130.3980889]

おかげさまで九州福岡で24年
天神のカラーコンサルタント/カラースクール
イルドクルール
代表 松元 昌子
http://www.e-sikisai.com
メール:color@e-sikisai.com
電話 092-731-0365

この記事を書いたプロ

松元昌子

松元昌子(まつもとしょうこ)

松元昌子プロのその他のコンテンツ

Share

松元昌子のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-21
rss
ブログ
2018-09-22
twitter
Twitter
2018-09-22
facebook
Facebook

松元昌子プロのその他のコンテンツ