まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福岡
松元昌子

カラーのプロ

松元昌子(まつもとしょうこ)

イルドクルール

コラム

パーソナルカラーVer.3.0/福岡の若い世代のカラーリスト育成



カラーリストさんのスキルアップに常に取り組んでいます

今日はご要望いただき、福岡のカラーリストさんにAdobePhotoshopの個人レクチャー。
すでに大学はじめ、様々な色彩教育に関わる関係上、デザインや制作に使用するアプリやソフトのカラーに精通している事もこれからは必須。

また、教育活動だけでなく、WEBやグラフィック、建築やものつくりのカラーデザインやプレゼンに、Adobe CC等に内包される主要デザインソフトの環境は理解しておくべきと思います。

画像は雨の日の日中、外光を使って撮影した手の肌色のサンプル。
一枚目の様に青みが強い色温度の高い光ではこのようにブルーベース(青みを多く含む色合い)に見え方が偏ります。
二枚目はAdobePhotoshopで、本来の基準値の色温度に戻し、自然な本来の色合いに編集しています。

私たちイルドクルールが提唱するパーソナルカラーVer.3.0/標準光ベストカラーは、こう言った光の扱い方をしっかり基本に戻し、かつ、最新の科学でカラー診断を行います。
変化の激しい外光や、一定しない室内照明や、明らかに色の判定に適さない光源を無知識で使うパーソナルカラー診断は、被験者(カラー診断を受ける人)に何も利益はもたらしません。
これからも、九州の若い次世代を担うカラーリスト支援に力を入れて参ります。
▶最新の技術/標準光ベストカラー診断について画像付きで詳しく



【お詫びとお断り】

2017年10月15日(日)開講が決まっておりました、カラー/色彩のプロ養成講座、▶︎標準光カラーリスト養成講座が、台風の影響でた講座が順延したため、一ヶ月遅れて11月12日(日)開講となります。また、別に11月16日(木)に木曜クラス開講募集を開始しました。
講座は現在受講生様募集中(残席少なくなって来ました)ですが、急な変更をこちらのカラーコラムから先行してお知らせとお詫び申し上げます。




光が適切でないと、パーソナルカラー診断自体が無効になります

ここ福岡で、大分で、熊本で、佐賀で、長崎で、そして鹿児島宮崎で、色が正しく見えるパーソナルカラー診断専用標準光を使った誠心誠意のまじめなカラーリストは各地で活動中。
いつでも、最寄りのカラーリストをご紹介できますのでお気軽にお問い合わせください。
私たちは九州でこの標準光を使うオンリーワンのカラーリストグループです。
(画像はカラー診断時の光が適切であるか否か判断に使う検査紙、光が適切でないと色は正しく見えません。また光が適切でないと、カラー診断自体が無効になります。)
私たちカラーコンサル界でも、色と光は最大の問題となっており、
↓前回その問題について詳しく解説しましたので、関連専門の皆さまはご参照ください。
▶︎カラー診断を誤る大きな3つの原因





▶福岡のカラースクール最新情報/2017年9月28日

▶福岡天神で標準光でカラーコンサル・カラー診断承ります
(福岡天神のベストカラー/パーソナルカラー診断はとても便利と好評です)
★アクセスの良い天神のカラースタジオはこちらです(赤いバルーンでマーキングしています)

おかげさまで九州福岡で24年
天神のカラーコンサルタント/カラースクール
イルドクルール
代表 松元 昌子
http://www.e-sikisai.com
メール:color@e-sikisai.com
電話 092-731-0365

この記事を書いたプロ

松元昌子

松元昌子(まつもとしょうこ)

松元昌子プロのその他のコンテンツ

Share

松元昌子プロのその他のコンテンツ