まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福岡
松元昌子

カラーのプロ

松元昌子(まつもとしょうこ)

イルドクルール

コラム

演色性と色物選びの注意点です・福岡のショッピング

cc 2017 fukuoka

ゴールデンウィークもいよいよ終盤です

昨日の福岡天神も、博多どんたくが終わったこととは全く無関係なような人の多さ。
おそらく、他県からたくさんの方がショッピングを楽しみにここ福岡においでになっておられる事を痛感しました。

今日はショッピングと光の重要性について書かせていただきます。
私のこのカラーコラムをお読みになっておられる方はもうご存知でしょうが、
初めての方もおいでかもしれませんので、色が正しく見える光の必要性について少しだけ解説します。

イルドクルールでは、演色評価指数Ra99の理想的な光を使用

演色評価指数=Raとは、わかりやすく言いますと色が本来の色に見える度合いを数値で表したようなもの。
理想値はRa100ですが、人工光としてはRa99が事実上最高値です。

この演色性の高い光は、例えば、女性であればコスメ選びやメイクアップ、服のセレクト、そしてヘアカラーの選択の時に大きな意味を持ちます。
演色性の低い光の下では、目の前の色は本来の色とは異なる色に見えている可能性が高いもの。
例えば、地下街のように演色性が高い太陽光が0%の環境で選んだ色物の服や小物のショッピングで大失敗した方は、この演色性、つまり光源が問題だったのです。

LED等で十分明るければ演色性は保たれるのか? 答えは…

では、明るさだけ確保(特に最近は多くの商業施設で、ふんだんにLEDを多数設置し、とても明るい売り場が多いものです)すれば良いのか?演色性は保たれるのか?

答えはNOです。
明るさと演色性(色が本来の色として見える事)とは別物です。
正しく色を見極めるためには、適度に明るく、かつ、色温度が適正で、そして何より演色性・演色評価指数が高い事が必須の条件です。

イルドクルールはRa99の光源をパーソナルカラー診断に使用

色々な色物のショッピングより、よりシビアな色の見極めが必要なカラーコンサルやカラー診断に、イルドクルールでは最適な色温度、最適な照度、そして最高数値の演色評価指数Ra99の色が正しく見えるカラー診断専用標準光を使用します。
目の前の色が本来の色として見えない状況下でカラー診断や色の提案をしても意味がないばかりか、クライアント様には不利益な事になってしまうからです。

アシストライト照射2017
大事なことですからもう一度繰り返します。
正しく色を見極めるためには、最適な色温度、最適な照度、そして最高数値の演色評価指数Ra99の色が正しく見える光が必要です。

福岡で、九州各県で、この色が正しく見えるRa99の光源を使う標準光ベストカラー診断ができるカラーのエキスパートを紹介していますので、お気軽にイルドクルールにお電話やメールでお問い合わせください。
特に、この色が正しく見える光の存在を公表するようになってから、福岡はじめ九州各県からカラー診断を受けなおすご希望の声が多数寄せられるようになりました。

「明らかに暗い場所でカラー診断を受けた」
「太陽光がベストとはいえ、夕方の曇天でカラー診断を受けた」
「太陽光の黄みを帯びた直射が入るところでカラー診断を受けた」
「大きな一般の会議室のような天井からの青い光でカラー診断を受けた」
「商業施設で、明るくはあっても色々な光が差していた」
「カフェのようなまったりとした光の下でカラー診断受けた」
お寄せいただく声は様々です。
イルドクルールでは、しっかりカウンセリングし、ご安心いただける最適なカラー診断ができるエキスパートをご案内します。
※画像は、EUのプレミアムオーガニックコスメ・クルールキャラメルです



▶イルドクルール福岡天神/色彩塾5月は7日間連続開催で無料!
▶ただ今男性のベストカラー診断福岡キャンペーン中です♬


このマイベストプロ福岡のカラーコラムでは、福岡のカラーの専門家の日常をほぼ毎日アップしています。
福岡でカラー・色彩・景観・デザインにご関心がおありの方はぜひ覗いてみてください。
▶︎松元昌子のカラーコラム一覧

おかげさまで九州福岡で24年
天神のカラーコンサルタント/カラースクール
イルドクルール
代表 松元 昌子
http://www.e-sikisai.com
メール:color@e-sikisai.com
電話 092-731-0365

この記事を書いたプロ

松元昌子

松元昌子(まつもとしょうこ)

松元昌子プロのその他のコンテンツ

Share

松元昌子のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-26
rss
ブログ
2018-09-26
twitter
Twitter
2018-09-26
facebook
Facebook

松元昌子プロのその他のコンテンツ