まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福岡
松元昌子

カラーのプロ

松元昌子(まつもとしょうこ)

イルドクルール

コラム

パーソナルカラー診断に適した光、適さない光の存在

パーソナルカラー福岡

2016年10月17日

color fukuoka 201611

目の前の色は100%光源に依存します

パーソナルカラー診断に適した光、適さない光がありますが、あまり一般に知られていません。
また、一部ではありますがカラー診断を行うカラーリストがあまり関心や専門知識を持っていないケースもあります。

以前、実際にどのように光源で目の前の色が変わって見えるかこのカラーコラムでも書かせていただき、大きな反響をいただきました(下にリンクを掲げました)。
今では福岡以外、九州以外からもご意見やご感想をいただきます。
また、すでにパーソナルカラー診断を受けた方から
「明らかに光が適していなかったと思う」
「天候が悪い暗い日だった」
「外光の入らない室内でカラー診断を受けた」
と言うご報告もいただいています。
いずれも看過できない、一番危惧するケースです。

色々な光の環境下でパーソナルカラー診断やカラー診断は行われますが、本当は色々な環境下で、つまりまちまちの、管理できていない光の下では行えませんし、行ってはいけないのです。
それが色彩学や光学の基本であり、大原則です。

カラー診断に適さない光をお見せします

おかげさまで九州福岡で24年
天神のカラーコンサルタント/カラースクール
イルドクルール
代表 松元 昌子
http://www.e-sikisai.com
メール:color@e-sikisai.com
電話 092-731-0365

この記事を書いたプロ

松元昌子

松元昌子(まつもとしょうこ)

松元昌子プロのその他のコンテンツ

Share

松元昌子のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-21
rss
ブログ
2018-09-22
twitter
Twitter
2018-09-25
facebook
Facebook

松元昌子プロのその他のコンテンツ