まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福岡
石川輝夫

納得できる中古車購入をサポートするプロ

石川輝夫(いしかわてるお)

Car Shop Teru Auto(カーショップ テルオート)

コラム

ヘッドライトの黄ばみを取る!~実際の除去方法(画像付)

知っておきたい車のはてな?

2015年8月28日 / 2017年4月27日更新

当店のヘッドライトの黄ばみやくすみの除去方法


以前書いたコラムヘッドライトの黄ばみやくすみは消すことができます! で、ヘッドライトが黄ばんだりくすんだりする原因をお話しましたが、「実際にどうやって黄ばみやくすみを取っているんですか?」とのご質問を受けましたので、当店のやり方をご紹介したいと思います。

黄ばみが薄っすら出てきただけで、ヘッドライトのコーティングの劣化がほとんど見られない場合は、専用の溶剤で黄ばみやくすみを浮かせて取り除き、ハードコートのコーティングの施工を行います。

が・・・、今回はヘッドライトのコーティングの劣化がひどく、かなり黄ばみのひどい場合の除去方法です。
DIYでやってみたい方は参考にされてください。


①黄ばんだヘッドライト。まだ何もしていません。

②まずは、専用の溶剤で黄ばみを抜きます。これだけでもかなり見た目は変わります。
DIYで行う場合は、細目のコンパウンドやピカールなどで予め黄ばみを抜いておくと作業がしやすいです。


③ボディに傷がつかないようにマスキングを行ったら、耐水ペーパーで劣化したコーティングを除去します。細かい部分は手作業で削っていきます。
コーティングの劣化具合により、使用し始める耐水ペーパーの番号は変わりますが、基本的には
 #600→#800→#1000→#1200→#1500→#2000

④耐水ペーパーで削った後です。
ヘッドライトの表面は擦りキズで白くなりますが、磨けばクリアになるので焦らなくて大丈夫です。
劣化したコーティングが残っていないかしっかりチェックします。


⑤ギアポリッシャーを使ってウールバフで磨きます。コンパウンドは極細目→超微粒子です。
この時点でかなりヘッドライトにクリア感が出てきます。
DIYで行う場合は手作業になると思いますので、耐水ペーパーは#3000ぐらいまで削っていた方が磨き作業が楽になります。

⑥続いてウレタンバフで仕上げ磨きを行います。コンパウンドは超微粒子を使用します。


⑦磨き上げ終了です。すっきりとしたお目めになりました。

⑧最後にしっかり洗って乾燥させ、脱脂を行った後にハードコートのコーティング剤を塗り込んで乾燥させれば完成です。これでクリア感がさらに増します。
このコーティングをしないとヘッドライトは劣化してすぐに黄ばんでしまいます。


こうやって見ると、違いは一目瞭然です。



ヘッドライト自体が劣化して黄色味がかっている場合や、ヘッドライト内部の劣化で傷や汚れが付着している場合は、上記の作業では取り除くことはできません。

DIYで行う場合は、ほとんどが手作業になると思うので大変ですが、段階をしっかり踏めばきれいに仕上げることができるようになりますよ。
※あくまでも自己責任でお願いします。

クルマの買替えをお考えの皆さん、本当にそれは適正価格ですか?

実際に業者オークションの出品車両の閲覧、問い合わせができます!
【ご自宅のPCやスマホでオークション車両をセルフ検索】

クルマの購入・売却に迷ったらコチラ!
【当店webサイト】

この記事を書いたプロ

石川輝夫

石川輝夫(いしかわてるお)

石川輝夫プロのその他のコンテンツ

Share

石川輝夫プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0942-45-1355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石川輝夫

Car Shop Teru Auto(カーショップ テルオート)

担当石川輝夫(いしかわてるお)

地図・アクセス

石川輝夫のソーシャルメディア

facebook
Facebook
google-plus
Google+

石川輝夫のソーシャルメディア

facebook
Facebook
google-plus
Google+

石川輝夫プロのその他のコンテンツ