マイベストプロ福岡
有松太

相続・遺言・家族信託の活用・相談にも応じる登記手続のプロ

有松太(ありまつふとし) / 司法書士

司法書士有松太事務所

コラム一覧

RSS

相続登記の義務化等の法律についての現時点での誤解

 去る4月20日だったと思いますが、国会で相続登記の義務化等を内容とする民法・不動産登記法等の改正法案が成立しました。 翌日には新聞等にもかなり大きく報道されたのでご存じの方も多いのではと思います。...

法務局の自筆証書遺言保管制度を申請してみました(その6)(終)

 8 遺言者の死亡後 ここからは今回の体験談ではありませんが、遺言者が亡くなったら、いよいよその遺言を使って相続手続などを行わなければいけませんので、その場合、遺言者の関係相続人等から法務局へ遺言...

法務局の自筆証書遺言保管制度を申請してみました(その5)

 5 申請 いよいよ、法務局に出向いて申請です。ネットでの予約の際に予約時間の10分前に法務局に出頭するように指示されていましたので10分前キッカシに窓口に入りました。ここまで書いてきたように、書...

法務局の自筆証書遺言保管制度を申請してみました(その4)

 3 その他の資料の準備 遺言や申請書の作成にしても、添付書類の準備にしても、市役所や区役所の感覚で、法務局の窓口で教えてもらいながら書類を完成させるようなことはまず出来ないと思います。基本的に...

法務局の自筆証書遺言保管制度を申請してみました(その3)

 2 遺言保管申請書の作成 保管の申請をする前に法務局所定の申請書を作る必要があります。申請書の様式は、法務局の窓口でももらえますし、法務省のホームページでPDFファイルが公開されていますので、そ...

法務局の自筆証書遺言保管制度を申請してみました(その2)

 1 遺言の作成 遺言を書く用紙なんですが、自筆証書遺言を作る上では特に民法では決まりはありませんが、法務局に保管してもらうには、法務局でそれをスキャニングしてデータ化して整理する関係でA4サイズの...

法務局の自筆証書遺言保管制度を申請してみました(その1)

我々、司法書士は相続対策に関する相談の中でよく遺言を作ることをお勧めしています。とは言いながら、実は私はまだ自分の遺言を作ってはいませんでした。今まで、相談者様の遺言の内容の起案をお手伝いしたり...

コロナの影響により収入が減少したことによる国民健康保険料(税)の減免

2020-07-28

社会保障制度

我々のようなフリーランスや個人事業主は、健康保険は、通常市町村の国民健康保険に加入していると思います。みなさん、毎年、この国民健康保険料(税)はすごい金額が来ているのではないでしょうか。私も、毎...

7月14日から家賃支援給付金の申請受付がはじまるそうです。

来週、7月14日から経済産業省(中小企業庁)の「家賃支援給付金」の申請受付が始まるようですね。家賃支援給付金に関するお知らせ(経済産業省)緊急事態宣言時から話題になっていたコロナ禍で休業している事...

いよいよ7月10日から自筆証書遺言の法務局保管制度が始まります

タイトルのとおり7月10日から(予約開始は7月1日から)、 法務局による自筆証書遺言保管制度が始まります。法務局における自筆証書遺言書保管制度について(法務省)この制度により、自筆証書遺言が「手書き...

持続化給付金の申請体験談

6月から持続化給付金の給付対象者の要件が緩和されるそうですね。たしか、今年の1月から3月に業務開始の方と、確定申告の収入内容が給与所得や雑所得の場合でもそれが主たる事業として事業性が認められる証明を...

特別定額給付金のオンライン申請で思ったこと

特別定額給付金のオンライン申請で"オンライン"なのに役所の窓口に人が殺到するというニュースが連日されています。先日、私の地元もオンライン申請の受付を開始したという情報を得たので、早速申請してみました...

持続化給付金の申請サポート会場

5月1日から持続化給付金の申請受付が始まりましたね。私も申請したので、官公庁の手続で司法書士の専門外となりますが、私のわかる範囲で情報発信はしたいと思ってはいるんですが、いかんせん、私にはまだ支給...

コロナの影響で事業収入が減少した場合の2021年度の固定資産税・都市計画税の減免

2020-05-07

補助金関係では、特別定額給付金と持続化給付金の話題で持ちきりです。持続化給付金では、現時点では個人の不動産収入は対象外と明確に示されて、既にテナントの休業や閉店で家賃収入は減っている個人の方は衝撃...

福岡県持続化緊急支援金

今回も個人事業主がらみのコラムとなります。経済産業省の持続化給付金が5月1日から申請受付が始まりました。大変の話題となっておりますが、「事業収入の売上げで昨年同月比で50%以上の減少がある」というか...

コラムのテーマ一覧

有松太プロのコンテンツ