マイベストプロ福井
矢内幸恵

音楽で心を育て、生きる力を育むピアノ・エレクトーン指導のプロ

矢内幸恵(やうちゆきえ)

ゆきえせんせいの音楽教室

お電話での
お問い合わせ
0776-33-5385

矢内幸恵プロのご紹介

「音楽を自分で楽しめる力」を身に付けさせたい(1/3)

ゆきえせんせいの音楽教室を主宰する矢内幸恵さん

求めるものや個性に合わせて、きめ細かに指導

 福井市南江守町の自宅で「ゆきえせんせいの音楽教室」を主宰している矢内幸恵さん。下は3歳から上は50代の方まで、多くの生徒さんに個人レッスンを主としたピアノとエレクトーンの指導を行っています。

「どんなタイプの子でも、最終的にはその子の求める音楽を自身で楽しめるようにしていきたい」と熱い想いを語る矢内さん。
コツコツと日々の練習に取り組める子には、各種コンクールやヤマハ音楽振興会のグレード試験をすすめてやる気を引き出します。スポーツや他の習い事などで思うように時間の取れない子、一つのスキルを身に付けることに時間を要する子には、教室独自の検定やチャレンジ項目を設定しています。
「がんばったらできた!」という達成感や満足感を得られるようにし「次のステップへチャレンジする意欲を持ち続けられるように指導しています」と矢内さん。

 矢内さんは5歳の頃、ヤマハ音楽教室のグループレッスンでエレクトーンを習い始めます。意外にもピアノを正式に習うようになったのは、講師を目指すようになってから。ですが幼い頃から自主的にピアノにも触れていたため、小・中・高時代には校内にピアノ学習者が多くいる中で、校歌や合唱コンクールのピアノ伴奏に選ばれるほどの腕前でした。

 そんな矢内さんは高校卒業後の一時期、音楽から離れた時期がありました。離れてすぐは練習から解放されて気持ちが軽くなったといいます。
ところが22歳のとき精神的に苦しいことが重なり、心から笑うことができなくなります。そんなとき遠ざかっていた楽器にふと触れてみて、衝撃を受けたそうです。ガチガチに固まっていた心がほぐれていき涙が止まらず、まさに「音楽で癒される」という言葉を実感したそうです。
この音楽で救われた経験から「音楽をみんなの心の支えにできたら」という想いを強くしたといいます。

Share

矢内幸恵プロのコンテンツ