まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福井
矢内幸恵

「音楽を自分で楽しめる力」を育てるプロ

矢内幸恵(やうちゆきえ)

ゆきえせんせいの音楽教室

お電話での
お問い合わせ
0776-33-5385

コラム

いつ練習させたらいい?幼児期(3歳〜6歳)にピアノやエレクトーンの練習を無理なく定着化させる方法

幼児期のお子さん

2016年6月22日 / 2018年5月23日更新

こんにちは。
ゆきえせんせいの音楽教室
ピアノ・エレクトーン講師の矢内幸恵です。

今回は、
音楽教室に通い始めた幼児期のお子さん

そして、これから
ピアノやエレクトーンを習う予定のお子さんにも
この時期だからこそできる練習の定着方法を
ご紹介しますね。

幼児期にピアノ(エレクトーン)の練習を定着化させる方法


幼児期に限らず、ピアノを習うということは
生活スタイルの中に
「練習」を組み込む必要がありますが、

実は、幼児期には練習を定着させる
絶好のタイミングが二つあります。


一つ目は、「朝」です。


この時期は、
朝の支度の流れ一つ一つがトレーニング。

着替える、ご飯を食べる、顔を洗うなど
おうちの方に声をかけてもらいつつも、
少しずつ自分でできるようになっていきます。

成長してしまえば、
本人任せで自動化できてしまう
朝の支度。

ですが、まだこの時期は
おうちの方の手を借りずにクリアするのは
かなり難しいはずです。

それなら、同時進行で
練習も定着させてしまいましょう。

この時に、
一つだけ気を付けておくことがあります。

このタイミングの練習内容は
ひたすら演奏回数を稼ぐ、です。

狙いはあくまでも
「毎日の練習を習慣にする」なので
楽器に向かうことが目的です。

なので、出かける直前に2,3回弾く。
もっと言うなら1回だけ弾く、でも大丈夫。

あくまでも弾けるようになることよりも
「練習を習慣にする事」が目的です。

弾けなくても、OK!
弾けるまでやらなくても大丈夫です。

寧ろ、
そこで練習内容にスポットを当ててしまうと
「出来ないからやりたくない」
の気持ちが生まれてしまい、

せっかく頑張って楽器に向かっていた事への
足を引っ張ってしまいます。

なので、
音出しができたらよしとしておきましょう。


この考え方をベースにすると
もう一つの練習タイミングとしては

「園から帰宅後すぐ」

もタイミングとしてはいいですね。

幼稚園や保育園から帰宅すると
朝と同じく、決まった動きがあります。

手を洗う、荷物を片付ける、着替える…など。

ここに練習を加えます。

「練習が終わったらおやつを食べようね」
または
「おやつ食べたら練習しようね」

などと、お子さんが楽しみなものと
セットにするのもいいですね。

ただし、帰宅後の場合は
園の活動でお子さんが疲れ切っている場合が
あります。

朝の場合は眠くてぐずっても
時間に追い立てられ、やらざるを得ないという
後押しに助けられますが

降園後は、強制されるものが
少ないことが多い為、
お子さんの要望に流されないよう
おうちの方の強い意志が必要です。


練習が定着する事でレッスンの継続に繋がり、音楽力が上がります


幼児期のうちに、毎日の生活リズムの中で
練習を入れてしまえれば
大きくなって生活スタイルが変わっても
練習をする、しないの次元ではなく

「どこで練習時間を確保するか」

という考え方になっていて、
おうちの方の声掛けの負担がとても軽くなります。

そして、どんな練習の仕方をしたら
楽曲を仕上げることができるのかという
もう一歩ステップアップしたところへ進めます。

ピアノ(エレクトーン)の練習の
理想的な形を一気に求めるのは
なかなか難しいものです。

まずは日々の中に音楽がある
という環境づくりからスタートしませんか?



「ゆきえせんせいの音楽教室」ホームページはこちらです。

この記事を書いたプロ

矢内幸恵

矢内幸恵(やうちゆきえ)

矢内幸恵プロのその他のコンテンツ

Share

矢内幸恵プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0776-33-5385

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

矢内幸恵

ゆきえせんせいの音楽教室

担当矢内幸恵(やうちゆきえ)

地図・アクセス

矢内幸恵のソーシャルメディア

twitter
twitter
2018-07-12
facebook
facebook

矢内幸恵プロのその他のコンテンツ