マイベストプロ福井

コラム

テレワークと成果主義時代について

2020年2月24日

テーマ:テレワーク

コラムカテゴリ:ビジネス

こんにちは。橋本です。

まさかこんな時代が来るとは・・・という思いですが、コロナウィルスの脅威により、誰が感染しているか、ワクチンも存在しない今の現状では、お互いに疑心暗鬼になり、不特定多数が集まる場所への外出など、外に出ること、人に会うことが不安になっている方も多いのではないかと思います。

そこで、急速に在宅ワークやテレワークという言葉がよくネットなどで出てくるようになりました。

私の個人的な感覚ですが、元々日本は豊かな部分も手伝って、時間主義的な側面が強く、欧米ほど成果主義に対して積極的ではなかったイメージがあります。

しかし、これからの時代は働いた「時間」ではなく、より「結果」を求められる時代になってくるのではないかという気がします。

なんだか・・・日本も生き残りをかけた戦国時代になっていっている気がしますね・・・。

もちろん、工場などのように、稼働率がそのまま生産力や売上げにつながるような業務形態であれば、時間管理というのもの自体がなくなるとは思いません。
あくまでも業種によると思いますが、今まで以上にシビアな時代が来る気はしております。

本来は会社に出勤し、顔の見える所で皆が働き、コミュニケーションがとれる状態で一定の管理が成り立っていたものが、在宅となると、管理職側からすれば「今何をしているのか」「本当にがんばっているのか」「何故結果がだせないのか」などを考えるようになり、一般従業員側からすれば「こんなに真面目にやってるのに何故分かってもらえないのか」「信用してもらえないのか」「認めてもらえないのか」などの、目に見えない部分におけるお互いのフラストレーションがたまり、その弊害が現れる気がします。

テレビ電話や会議、一定の時間ごとに報告書を提出するなどして管理するにしても、業種によっては全員がITに明るい人材ばかりでなく、そこにまた人材育成等の新しいコストがかかることになります。
人材育成などのソフト面だけでなく、セキュリティ対策やインフラ整備など、ハード面においてもコストが必要になってきます。
これらを、そもそもがITが本業ではない業種において、どこまで投資出来るかという部分も大いに未知数だと思います。

さらにここからがややこしい所で、知識やスキルがあったらあったで、在宅やテレワークにつけこんで不正を試みる労働者も出てくる可能性があります。

例えば、会社側がファイルの制作日時などで、実際にいつどれだけ仕事をしたかを管理しようとしても、少し知識があればファイルのタイムスタンプは簡単に書き換えることが出来てしまうので、正確な管理にはなりえません。

また、実際には遊びに出ているけれど、外出先からスマートフォンなどで会社のパソコンにログインし、あたかも家でがんばっているかのように見せる、なんてこともありえるかもしれません。

そうなってくると、何をどこまで信頼し、評価とすべきかという意味で、もはや成果以外になくなってくるのではという気がするのです。

ただでさえ、AI技術の発展により単純作業はこの先どんどんAIにとってかわられていくと予想されます。
身近な所では、福井でもスーパー等のレジがAIで運用されつつあります。
つまり、そもそもの「雇用」が減っていく時代です。

イメージ的にはドラッグストアの薬剤師のような感じではないでしょうか。
一人知識のある管理者がいて、後はAIやパート、アルバイトのみになっていくような時代。

税金もあがり、生活に必要とされる経費負担は増える一方で収入はどんどん下がる、そんな時代になってきました。

世の中に必要とされる「何か」が出来ないと生き残れない時代。

そこでその何かを見つけられる人や、出来る人はまだなんとか生き残れるのかもしれませんが、それが出来ない人はどうなるのか。

一昔前は先進国である日本、日本人が海外にアウトソースされるなんてありえないと笑い話だったかもしれませんが、今は相当現実味を帯びてきた気がします。

日本の労働者がタイやベトナム、フィリピンなどの工場で働く日も近いのかもしれません。

私自身は小さい身ですので、大規模なプロジェクトに関わる器量はございませんが、一人、あるいは数人~数十人程度までの個人様、法人様で本気で将来を考える方のお役に立てることがあればうれしく思います。

最近はランニングコスト0から始めるネットショップなどの提案が評価をうけており、それらも成果主義時代の流れなのかなという気がしております。

そもそも店舗型の販売はよほど販売品目が特殊かブランド力がないと相当厳しい時代のような気がします。
私もネットショップを自身で運営しておりますが、もし店舗型だったら毎月の家賃や人件費を考えるだけで頭がクラクラするので、やはりリスクは最小限に、結果が出てからステップアップしていくというパターンが、小心者の私の人生にはあっている気がします。

最後は宣伝を少し入れさせていただきましたが、ITに対する危機感や今後の不安を感じる方はお気軽にご相談下さいね。
(私は費用がかかる場合には最初に費用の話をさせていただきますので、ご相談や打ち合わせなどで費用を請求することは一切ございませんのでご安心下さい)

ウィルスなどのこともありますので、直接会うのが不安だという場合にはお電話やメール、LINEなどでももちろん大丈夫です!

ご不明な点などございましたらお気軽にお問合せ下さい!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Universal Design Create
TEL:0776-37-4248(9:00~18:00)
E-mail:khashi@udc110.com
URL:http://udc110.com/
Contact:橋本 憲一
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この記事を書いたプロ

橋本憲一

顧客を全力でサポートするSEのプロ

橋本憲一(UDC(ユニバーサル・デザイン・クリエイト))

Share

橋本憲一プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0776-37-4248

 

※不要なトラブルを避けるため、非通知でのお電話はお断りしております。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

橋本憲一

UDC(ユニバーサル・デザイン・クリエイト)

担当橋本憲一(はしもとけんいち)

地図・アクセス