まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福井
蒲幸恵

長期国際分散投資・積立を広げる資産保全のプロ

蒲幸恵(がまゆきえ)

株式会社ライフデザイン研究所

コラム

終活セミナー終了 本当にあった福井の相続の話

相続関係セミナー

2017年11月30日

こんにちは。
相続手続きお悩み解決センター の蒲です。

昨日は終活セミナーが開催されました。
(うっかり写真を撮るのを忘れました。。。残念)

満員御礼にて開催され、受講者も相伝読者を
中心に多数のご参加ありがとうございました。

内容は、
本当にあった福井の相続を中心に円滑で円満な
相続をするためのヒントをお伝えしました。

【第一部】相続の基本編 ~ほんとうにあった福井の相続~
・なんで財産わけで争っちゃうの?
・昔と今の相続、親と子の考え方の違い
・相続無料相談会で相談が多い事例
・円満な相続って何をすればいいの?
・エンディングノートの重要性
・遺言について知っておくべきこと
・相続税は生涯最後の税金

【第二部】エンディングノート実務編
エンディングノートの説明と書き方など相続アドバイザーのサポートのもとエンディングノートを実際に書いてみましょう。
エンディングノートではなく、ダイレクトに自筆遺言を書きたい人は、遺言を書いていただくこともできます。

上記13:30~16:00まで皆さん真剣にしかっり受講いただきました。

感想は、
<50代女性>
・自筆遺言と公正証書遺言との違いが明確に分かりました。
いろいろな相続パターンがあるのだなと思い、自分の相続の時は
スムーズにしておきたいと思いました。

なくなる順番が違うとたいへんだなと思いました。
まだ早いかなと思っていましたが、エンディングノートだでも仕上げて
みたいと思います。


<50代男性>
・相続についての考え、準備が必要だということがわかりました。
遺言書の重要性、エンディングノートの重要性がわかり今から
準備したいと思います。

<70代男性>
・遺言書を自分で書いてみて実際誰に何を相続させるか自分で決めて
いなかったことに気がついたこと。
公正証書遺言が死後の遺族が相続の処理が楽で早くできること。

<60代男性>
・福井の相続のトラブル事例などが参考になった。
元気なウチに終活=人生の後始末をしておくことが必要だと思いました。
等々。

次回は来年新春2018年3月28日となります。

お問い合わせは、0120-939-243
もしくは相続セミナー申込までどうぞ。

この記事を書いたプロ

蒲幸恵

蒲幸恵(がまゆきえ)

蒲幸恵プロのその他のコンテンツ

Share

蒲幸恵プロのその他のコンテンツ