マイベストプロ福井

コラム

初めてのWEB広告におすすめなのは?インスタ?Google?

2022年4月15日

テーマ:Web広告

コラムカテゴリ:ビジネス

コラムキーワード: 集客方法広告 マーケティング広告 種類

近年、スマートフォンを中心にWEBに接する機会も増え、それに伴い需要が
高まっているのがWEB広告です。

WEB広告といっても、Yahoo・Googleをはじめ様々な配信媒体があり、何から
始めたらいいのか分からない方も多いかと思います。

今回、WEB広告が初めてという方におすすめの「リスティング広告」
「Instagram広告」の2つをご紹介させて頂きます。

■リスティング広告

リスティング広告

Yahoo・Googleなどの検索エンジンを利用して検索した際に、検索結果の上部
や下部に表示される広告です。

大きな特徴として、ユーザーの検索キーワードに連動して関連した広告が表示
されるため、より購買意欲の高いユーザーにアプローチすることができます。

広告を始めるための初期費用は掛からず、広告がクリックされた時に課金となる
「クリック課金制」となっており、始めやすいのもメリットの一つです。

また、どのような検索キーワードの時に広告を表示するか、表示する広告文は
どのような内容にするのか、なども設定できます。

検索キーワードの情報を探しているユーザーに広告を届けるため、顕在層向けに
最適な広告になります。

■Instagram広告
Instagram広告

日本でも3,300万(2022年3月時点)のユーザーが利用するInstagramに配信する広告
です。主にフィード、ストーリーズに広告を配信することが可能で、ユーザーの
フォローしているアカウントの投稿の中に差し込まれて表示されます。

テキストだけではなく画像も合わせた広告形式となっているため、視認性が高いのも
特徴です。

では、どのような配信設定ができるのかといった点ですが、Instagram広告では、
年齢、性別、エリアなどの基本情報の他にも、ユーザーの興味・関心も指定できます。

投稿の内容やフォローしているアカウント、いいねをした投稿などの様々な
データから、どのような分野に興味・関心を持っているユーザーなのかをAIが
分析しています。

自社サービスに興味がありそうなユーザーをターゲティングして広告を表示
できるため、潜在層向けに最適な広告になります。


どちらの広告も少額の広告予算でもスタートすることができるため、
始めやすいのが特徴ですが、商材によっては相性もあります。

例えば、商品やサービスの内容を画像でイメージできる商材の場合は、
テキストよりも画像での訴求が強いInstagram広告がおすすめです。

検索ニーズが多く、キーワードが明確であったり、競合他社との差別化ポイントが
はっきりとしている商材などの場合は、見込みの高いユーザーにアプローチできる
リスティング広告がおすすめです。

キーワードや興味・関心などのターゲティング設定ができるのもWEB広告の
特徴ですが、その他にもクリック数などのデータが確認できたり、広告からの
成果を測定できることも強みです。

Googleなどのリスティング広告、インスタ広告、LINE広告など様々なWEB集客が
あります。自社のサービスに合わせ最適な広告を行いホームページを活用して
みてください。

この記事を書いたプロ

山本昌平

低価格で効果的なウェブ広告を展開するプロ

山本昌平(株式会社TONOSAMA)

Share

コラムのテーマ一覧

山本昌平プロへの
お問い合わせ

山本昌平

株式会社TONOSAMA

担当山本昌平(やまもとしょうへい)

地図・アクセス

山本昌平プロのコンテンツ