マイベストプロ福井
山本昌平

低価格で効果的なウェブ広告を展開するプロ

山本昌平(やまもとしょうへい)

株式会社TONOSAMA

コラム

UI・UXはSEOに効果的か?

2019年8月22日

SEOとデザインの組み合わせ

今、SEOはサイトのデザインはとは切り離すことが難しい時代に入ってきました。

検索順位には「サイト滞在時間」「平均ページビュー」「直帰率」が大きく影響して
きています。サイトの滞在時間等を延ばす方法としてデザインだけなく自社の特徴・
ポイントを見やすく読みやすくすることが大切です。
LPデザイン
いわゆるUI(ユーザーインターフェイス)言われるホームページ上などでユーザーの目に
触れるすべての部分、UX(ユーザーエクスペリエンス)の略で表示速度が速いなどユーザ
ーが感じることすべての部分のUI/UXが重要となります。

・文字フォントが見やすい
・病院サイトの場合、Web予約ができる
など様々なものがあります。

「記事もちゃんと読みやすいか?」はUIでは大きな部分となります。
読みやすいサイト構成やコンテンツ内容や見せ方は滞在時間が延びます。

1.各ページへ遷移しやすく紹介
2.自社の特徴を記載すること
3.文字のジャンプ率
4.「お問合せ」等は分かりやすく目立つようにする
などの色々なことを考えて制作する必要があります。

【UIについて】
読ませたいコンテンツはマウスをスクロールしたら表示される動きを持たせることで
滞在時間が延びる場合もあります。もちろん、たくさん設置してしまいますと邪魔に
なり逆にユーザーをイラつかせてしまいます。

ボタンのデザインも従来の「ボタンらしいデザイン」になってきています。
これはPC主流の時代からスマートフォン主流の時代へ移行しているからです。

ボタン一つでも数年間で大きく変わってきているぐらいです。

数年前からデザインや文字のジャンプ率など意識をしていないサイトは、ユーザーから
の評価が下がり即ちGoogleからの評価も下がっていく形となってしまいます。

「前は○○が良かったのに」「前は●●が良いと聞いた」と言う古い概念は捨て、今Google
が重要視している誰もが検索意図に即したページ、つまり検索ユーザーがGoogleに入力
したキーワードと関連性が高いページや見やすいデザイン、遷移しやすく、他のページ
も見たくなるコンテンツを作ることが大事となってきています。

これからホームページを自分で作ろうとしている人や今のサイトで集客で悩んでいる方は
今一度、競合さんのサイトと比較し、考え、修正してみてください(^^)

この記事を書いたプロ

山本昌平

低価格で効果的なウェブ広告を展開するプロ

山本昌平(株式会社TONOSAMA)

Share

山本昌平プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
050-5217-7696

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山本昌平

株式会社TONOSAMA

担当山本昌平(やまもとしょうへい)

地図・アクセス

山本昌平プロのコンテンツ