マイベストプロ福井
Hyca

マインドから整える世界基準発声トレーナーのプロ

Hyca(はいか) / ボイストレーナー

TAKEYA Vocal Lesson(タケヤ ボーカル レッスン)

コラム

アーティストがもう一度獲得したい、本当の自分の歌声

2021年6月10日

テーマ:blog

コラムカテゴリ:スクール・習い事

コラムキーワード: ボーカルトレーニング


ボイストレーナーHycaです。
久々の投稿となってしまいましたが、
こちらをご覧いただいて連絡下さる方もたくさんおられ、
心より感謝しております。

さて気になる本題ですが、
私が採用している発声法「Belting」は、
数年前まで非常に知名度は低く、
ボイストレーナーの中でも誤った解釈をされている方がたくさんおられました。

ですが、
現在は日本各地に認定トレーナーも増え、
「Belting発声」は徐々に正確に認知されてきています。
※ネットでの情報はとても危険なものが多かったので、ご注意ください

そんな中、
Belting発声を「今」新たに習得しようとレッスンを受けられるプロのアーティストは本当に多く見られます。

現状すでにアーティストとしての地位を確立していても、
やはりプロは喉を酷使することも多く、
「感情のままに歌う」ことが求められてもいます。

何より、
自分自身が
「本当の自分で歌いたい」
と求めておられる部分も、
実際はあるのかもしれません。

時代が大きく変化している中で、
求められる自分との相違にもがきながらも、
本当の自分に少しずつ許可を出せる社会の流れが、
段々と整ってきたように感じています。

それはアーティストのみならず、
ごく普通に生活している中でも明らかで、

多様な価値観に困惑している人もいれば、
正しさを押し付けあっているようにも見えますし、

案外子どもたちの方が、
すんなりと多様性を認め合っている印象が私には強く感じられます。

当の私はというと、
頭では変化を理解していても、
やっぱり捉われた考え方に身動きがとれないこともあって、
Beltingはそんな私の心を解放してくれる唯一の術でもあるのですよね。


アーティストはレッスンを公表している方もいれば、
そうでない方もたくさんおられます。

どちらにしても、
歌を歌うのが仕事である以上、
歌声は命のようなもの。

大切だからこそ、
取り繕うこともなく、
心のままに歌っていきたい。

そんな願いを叶えるのが「Belting発声法」であり、
それを実現するのが「本当の自分」であるのです。

この記事を書いたプロ

Hyca

マインドから整える世界基準発声トレーナーのプロ

Hyca(TAKEYA Vocal Lesson(タケヤ ボーカル レッスン))

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧

Hycaプロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
080-2956-1243

 

お電話に出れないことが多いので、メールでのお問合せにご協力ください。
ホームページより問合せフォーム、お申込フォームもございますので、ぜひご活用ください。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

Hyca

TAKEYA Vocal Lesson(タケヤ ボーカル レッスン)

担当Hyca(はいか)

地図・アクセス

Hycaプロのコンテンツ