まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛媛
宇都宮積

初心者や子ども向け楽しい出張陶芸教室のプロ

宇都宮積(うつのみやつもる)

砥部焼窯元つもる窯/わくワークつもる出張教室

宇都宮積プロのコラム一覧:焼き物マメ知識

テレビのニュースで子ども達の田植え体験。服がドロドロに!「泥汚れって、落ちにくいよねー。」汚れる事をドロドロになるっていいますよね。中学生の陶芸ロクロチャレンジ!紺色の体操服が粘土で白くなって。「先生。洗濯でのきますか?」砥部焼の粘土は白く焼き上がる陶石が...

今まさに朝晩の冷え込みの厳しい寒の時期。白菜は霜にあたり甘味を増す。私が子供の頃、ちょうど正月の餅もなくなり寒の餅つき。寒の水にお餅をつけて保存。餅は固くならず水中で空気にふれず腐りにくい。昔ながらの知恵。他には、凍り豆腐(高野豆腐、凍み豆腐)寒天など寒さで物が凍る...

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。皆さんはどのようなお正月を過ごされましたか?焼物体験で作った干支置物、華やかな模様の器新年の楽しい食事、おもてなしに役立ててもらえたと思います。今年は馬年。焼物では、縁起物で、左馬の茶碗があります。頭が...

暑いだけでなくニュース番組でも今年の小雨が話題に。稲作農家の中には「田んぼの土が乾いてヒビ割れ。田にひく水がない。」みんな雨を待ち望んでいる。そんな水の話の中で、「田植えの後、稲がある程度成長したら、いったん田の水をヒビ割れない程度迄減らす。そうすると根のしっかりした丈...

以前に窯元サンの子供が夏休み自由研究。身近な石を焼くとどうなるか?実験。ちょっと贅沢な自由研究。私も興味と好奇心。もし蜂が土で作った蜂の巣を窯で焼いたらどうなるか?わくわくしながらまず素焼き。堅く丈夫に焼き上がり。次の本焼きは焼く温度が高い。蜂の巣の土が茶色く鉄分等...

焼物の分け方には、砥部焼、など産地で分ける事も多い。 他に材質で大きく、土物(陶器)石物(磁器)という分け方もある。陶芸体験教室では、茶色く渋く仕上げたい。抹茶用の茶碗作ってみたい。と参加される方もいる。茶道では、一楽、二萩、三唐津といわれるがこちらは全て土物。私の教室で...

本焼き時に釉薬の溶け具合を知る目安として入れたゼーゲル。窯づみ時に斜め80度に立てたが本焼き後は。ゼーゲルには番号により熔倒温度(受けた熱量による)が決まっておりsk8番 1250度  sk9番1280度私は8番を使っている。焼き物の場合の釉薬の溶け具合は温度よりも熱量が重要らしい。そこ...

今週末、夏休み最後の本焼き。宿題用に製作した焼き物が完成します。本焼きの詳しい様子は次回コラムにて。私の子供も今、宿題や自由研究の最後の仕上げを頑張っています。小さな少人数の小学校なので、新学期に全ての生徒が一人一人自由研究や工作等の発表の場があります。全校生徒、PTA、先...

今までのコラムで、素焼き、本焼き、の違い等について書いた。http://mbp-ehime.com/tsumoru-waku-work/column/2578http://mbp-ehime.com/tsumoru-waku-work/column/2576今回は釉薬や焼き方等について。皆さんが作った作品はテーマにより、釉薬の希望(透明釉、青白釉、ルリ釉)で仕上げる事があ...

皆さんはキレ味悪くなった刃物を瀬戸物(磁器)の器の底部分で擦るとキレ味が復活。なんて話を聞いたことありませんか?磁器の砥部焼は昔は砥石(伊予砥)の産地として有名でした。そこから砥部という地名が残っています。その砥石(陶石)から作った粘土で作り焼いた焼き物が砥部焼です。その焼き...

先日自分達で作った茶碗で抹茶をたてよう!をテーマに出張陶芸教室が有った。抹茶椀というと土物が中心。砥部焼のような磁器の物は余り見ない。磁器は熱の伝わりが早く、器が熱をうばいやすく、お茶が冷めやすかったりするためだろうか。磁器の茶碗は、土物にない涼しげなイメージの良さ生かし...

作品もたまり、久々の素焼きだ。素焼きの後は釉薬がけして本焼き。さて素焼きと本焼きの違いは?皆さんの中でまず浮かぶのは温度の違いですか?愛媛の砥部焼の場合、窯元により違いはありますが。素焼き 900~980度位 約12時間前後かけて。本焼き 1280度位で  15~18時間位で焼きます。...

松山市内の中学生職業課での愛媛県の伝統工芸品、砥部焼作品製作。最後の仕上げは自分達の作品作りの経験を生かして。学んだ事を伝える為に小学生への陶芸体験指導です。材料の事、作り方、模様の付け方。出来上がるまでの作業、素焼き、釉薬がけ、本焼きの事。説明出来るように授業中メモ。自分...

私の子供の頃は今よりもっと寒い冬でした。室内の花瓶の水が凍り花器が割れて水漏れしたり。今と住宅の造りも違いますが。だから寒い冬は前回コラムの湯タンポでなくて、もっと暖かな焼き物で出来たコレでしたね。火ごたつとよんでましたが、瓦のような焼き物で出来ていて、中の器に火のつ...

まだまだ役立つ物。これ何かな?春が近いと思っても急に寒くなったり。三寒四温ですね。まだまだ寒い夜、寝る時に皆さんはどのようにして、暖かくしてますか?節電、エコで湯タンポなど使ってる方も多いのでは?気付いた方いますか?そうです。上の写真は焼き物で出来ている昔の湯タンポ...

宇都宮積プロのその他のコンテンツ

Share