まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛媛
宇都宮積

初心者や子ども向け楽しい出張陶芸教室のプロ

宇都宮積(うつのみやつもる)

砥部焼窯元つもる窯/わくワークつもる出張教室

コラム

磁器を生かして。練り込みブルーの涼しげ器

風鈴等とべ焼で夏を楽しむ

2012年5月21日 / 2014年6月3日更新

春にはピンクの顔料粘土に練り込み桜の印で仕上げた銘々皿をコラムで紹介。
http://mbp-ehime.com/tsumoru-waku-work/column/2301
もうすぐ夏。
今回は、涼しげなブルーの顔料粘土に練り込み器の製作。
愛媛のタルトのように色粘土をのの字に巻いたり、折りたたんだり、軽く練ってマーブルにしたりして切ると模様が出てきます。
混ぜ方で変化ある練り込みが出来ます。
魚やカニ等のハンコと組み合わせると夏らしい器になり見た目の涼しさもアップです。
器で涼を感じて下さい。



しっかり食べて夏の暑さを乗り越えましょう。

作って食べよう器と食事
砥部焼窯元
わくワークつもる体験工房
http://mbp-ehime.com/tsumoru-waku-work/detail

この記事を書いたプロ

宇都宮積

宇都宮積(うつのみやつもる)

宇都宮積プロのその他のコンテンツ

Share