まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛媛
宇都宮積

初心者や子ども向け楽しい出張陶芸教室のプロ

宇都宮積(うつのみやつもる)

砥部焼窯元つもる窯/わくワークつもる出張教室

コラム

様々な応用のきく板作り。粘土の厚みそろえるために。

砥部焼作り方、作業、道具

2011年11月29日 / 2014年6月3日更新

板状の粘土から型に入れて皿類。型に被せて高台付け茶碗や小鉢。カンや空き瓶に巻き付け花瓶やペン立て作りと様々なものが造れます。
粘土の厚みそろえるためには希望する厚みの板を粘土の両端に置き伸ばすと良いでしょう。
砥部焼体験板作りで粘土の厚みをそろえる為に
必ず粘土を伸ばす棒が両端の板にあたってないと意味がありません。
この方法はお菓子のクッキー作りやうどんや手打ちそば作り等にも応用出来そうですね。

この記事を書いたプロ

宇都宮積

宇都宮積(うつのみやつもる)

宇都宮積プロのその他のコンテンツ

Share

宇都宮積のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-25
facebook
Facebook