まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛媛
坂本隆二

中古物件なら何でも任せて安心!不動産のプロ

坂本隆二(さかもとりゅうじ)

株式会社アールホーム

コラム

分譲マンションのリノベーション



この間取り見るだけで昭和の分譲マンションと分かります。

先ずキッチンですが、北側の共用ローカがありますが、そちらに面した窓にキッチンの換気扇があり、それに合わせてキッチンが設置されてます。

そして南側のバルコニー側に和室の2間続き。

玄関入るとほぼ全てが丸見え、ローカを取らないで極力小さなスペースで最大限の空間を確保しようとしてます。

昭和49年建築の分譲マンションです。

これでは今の平成の時代、受け入れられません。

ではどうすると雰囲気もガラッとリノベーションで使い勝手変えれるの?


玄関スペースを小さな部屋でも大きく取る


では玄関スペースを大きく取るとはどういうことかというと




この写真は玄関入ってすぐの写真です。

まっすぐ見るとLDKへ直接行きます。

反対側から見ると




普通の玄関です。

ですが入ってすぐ左に向くと




この空間が、玄関の延長?みたいに見えますね。

ここには靴は勿論、ベビーカーや自転車が趣味の方は自転車、釣り道具や雑貨置いたり...

使い勝手はいろいろ。

さらに



このスペース経由してキッチンへ直接入れます。

マンションなのに勝手口みたいに使える





リノベーション後の図面①のところです。

買い物帰り、お客様来客時も素早く玄関にアクセスできます。

また窓、引き戸を開けておくことで風の通りも非常に良いです。

玄関を広く取るのはほかの空間が小さくなるかもしれませんが、それ以上のメリットが生まれます。


和室の2間はやめる


直ぐ上のリノベーション後の間取りの②と③の個所です。

昭和の40年代はちゃぶ台でまだまだご飯食べてましたが、今はダイニングテーブル、ソファーの時代。

そしてベッドでなるのも主流。

そうなると和室はほんとに必要なら一間で良いのでは?

ユニットバスの壁にアクセントをつけるだけでイメージアップも


リノベーションに結構な予算つぎ込めるなら良いのですが、そうでもない。

例えば




高級なユニットバスは予算が、少し古いだけで美装したら使えそうな場合、写真のようにユニットバスの壁にアクセントパネルですこし雰囲気を変えるだけでも全然違ってきます。

水周りの配管の関係でできないこともいろいろ制約あります


素敵な洗面化粧台やキッチンをもっとアイランド型とかにしたい...

いろいろ水周りを変更したいと思うのは皆同じです。

ですが、分譲マンションの場合他の部屋の関係もあり、配管関係に一定の制約があります。




この写真のように配管パイプが上の階から下へ貫いてます。

これは動かすことが出来ません。

隠すこともできますが、敢えてオープンにして色を塗ってます。

これもある意味広く使えるし、面白い雰囲気も出せてます。

リノベーションは面白い


今回ご紹介したのはほんの1例です。

いろいろ制約がある中でどれだけオリジナリティを出せるかが、リノベーションの楽しさです。

打ち合わせや調査、現場でのイレギュラーな対応、大変なことありますが、完成した時の感動はやっぱりたまりません。

一緒に物件探しからリノベーション、やってみませんか?

物件探しからリノベーション工事、ローン付けまでアールホームがすべて対応いたします。

お気軽にご連絡ください。

この記事を書いたプロ

坂本隆二

坂本隆二(さかもとりゅうじ)

坂本隆二プロのその他のコンテンツ

Share

坂本隆二プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
089-927-5321

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

坂本隆二

株式会社アールホーム

担当坂本隆二(さかもとりゅうじ)

地図・アクセス

坂本隆二のソーシャルメディア

instagram
instagram
twitter
twitter
2018-08-07
rss
rss
2018-08-14
facebook
facebook

坂本隆二プロのその他のコンテンツ