まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛媛
坂本隆二

中古物件なら何でも任せて安心!不動産のプロ

坂本隆二(さかもとりゅうじ)

株式会社アールホーム

コラム

リノベーション工事済物件を選ぶメリット

リノベーションコラム

2018年6月6日 / 2018年8月17日更新

中古住宅購入+リノベーションを選ぶメリット?


新築は少し予算が掛かるし、中古住宅買ってリノベーション、結構ネットやテレビでも話題になってます。

当然話題になるのですからメリットはあります。

そのメリットは中古住宅購入+リノベーションを選ぶわけは総予算という方が多いでも書いておりますが一番は予算。

そして中古住宅購入+リノベーションを選ぶもう一つの理由でも書いてますが、中古なのにオリジナリティが出せる。

の2つだったですね。

最近中古住宅を既にリノベーション工事をしてから売り出す物件が増えてます。

では

リノベーション工事済物件の良さ、メリットは?


中古住宅購入後、リノベーション工事を打ち合わせをしながら勧めていく。

これは新築注文建築並みに時間も労力も必要。

ではリノベーション工事された物件を買うメリットは?

ズバリ、時間短縮です。





もうリノベーション工事も完成してあるものが金額も決定して売りに出されてます。

それを見て気に入れば購入、早ければ1か月以内に引っ越すことも可能。

新築でも建売住宅も同じことが言えますよね。

工事に入る前の中古物件はあまりキレイとは言いがたいものが多いです。

それを見ながら打ち合わせしていって作り上げていくのも楽しくもありますが、時間と労力も要ります。

ですがそれを見ることなく、完成したもので買う買わないの判断。

とってもスピーディーです。

ではそのデメリットは?


工事途中、工事前の状態をなかなか確認できない






確かに完成してますから、壁を剥ぐって中を見るとかそういった確認がしずらく、施工業者・売主を信用するしかない。

リフォーム・リノベーション工事途中の現場写真を掲載する会社はまずありません。

工事前の薄汚れた感じを見せることは、購入者へ訴求する時にマイナスだと考えている業者がほとんど。

ビフォアー&アフターの写真を数枚見せることがありますが、ほとんど見せれる範囲のもの。

ある意味施工者・企画者・不動産業者を信じるしかない所。

それは新築にも言えます。

結論を早く出さないとタッチの差で買えないことも






メリットのところで時間短縮と書きましたが、リノベーション工事が完成している物件です。

すぐに「買う」という方が現れる可能性は大いにあります。

新築より安く、きれいにリノベーションされている。

自分が気に入ればほかに見た人も良い印象のはず。

では購入の意思は早めに出さないと他の人が買っちゃうかも。

ですね、よくあることです。

我々も売り出し前に人気のエリアでは、工事途中で購入希望をいただくことも多々ありました。

そうなるとよほど普段からアンテナ広げてシュミレーションしないといけません。

リノベーション済物件を狙ってるなら、そういう物件を多く扱う不動産屋さんを日ごろからチェックしておくことも大事です。

そして希望エリアではなくても完成見学会があれば足を運んでください。

そうして次の物件の予定とか、いろいろ聞きだすのもアリですよ。


弊社ではリノベーションを手掛けてる物件は逐次工事経過をブログで報告してます。

R HOMEの物件解説ブログPart.2 です。





これほど写真付き解説で工事途中をレポートしているところはほとんど無いんじゃないでしょうか?

是非解説ブログも見てみてください。

この記事を書いたプロ

坂本隆二

坂本隆二(さかもとりゅうじ)

坂本隆二プロのその他のコンテンツ

Share

坂本隆二プロのその他のコンテンツ