まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛媛
坂本隆二

中古物件なら何でも任せて安心!不動産のプロ

坂本隆二(さかもとりゅうじ)

株式会社アールホーム

コラム

賃貸よりも持ち家の方がいい?

不動産に関する四方山話

2018年6月5日 / 2018年8月17日更新

持ち家の方が良い


賛否両論以前よりあります。

しかし個人的な感想としては、単純に持ち家の方が賃貸にずっと住むよりも良いです。

持ち家の場合、ローン等の支払いが終わると、土地建物は自分のものになります。

その場合のメリットは3つあります。

1.賃貸にして賃貸収入を得られる






例えば住んでいた家を人に貸します。

そして家を人に貸したことによって家賃収入を得られます。

その収入は、例えば、次の新しい物件購入の支払いの一部等に充てることもできます。

また転勤や、やむを得ない引っ越し等で家を一時的に離れないといけなくなった時に、貸して家賃を稼ぐことも。

うかがった話ですが、ある女性の場合、独身時代に自分で住むワンルーム等を購入した。

その後結婚し、新しく夫婦で住宅を購入しましたが、その時独身時に住んでいたワンルームを人に貸しました。

すると、その家賃で稼いだお金を貯金や海外旅行を楽しんでます。

なんてケースも聞きます。

いやぁ羨ましい!

2.お金を借りることもできる






例えば自分で事業を起こしたい、それにはいくらか先立つものも必要です。

ちゃんと資金を貯めてればいいですが、資金が少し足りない。

といった場合、自分の土地建物を担保にお金を金融機関から借りることもできます。

売って処分しお金に換えることもできる






これは持ち家の最大のメリットですが、不動産必要なくなった場合は現金に替えることができます。

そうです、売ってしまうんです。

買った時よりも高くなるケースは今の時代稀ですが、一時的にまとまったお金が手元に入ります。

賃貸は何も手元に残らない






じゃあ賃貸だったら?

上の3つのメリットはありません。

大家さんに毎月決まった額を収めて住まわせてもらうということ。

部屋や敷地を改造したりも出来ませんし、退去時は修復費まで取られます。

まあ厳密にいえば、持ち家は固定資産税がかかるとか、近隣トラブルとかあったら容易に引っ越せないとか等々もあります。




じゃあこの持ち家持とうかな。

その場合新築も良いですが、中古住宅+リノベーションならもっと良さそうじゃないですか?

そういう物件の事ならアールホームへお問い合わせください

この記事を書いたプロ

坂本隆二

坂本隆二(さかもとりゅうじ)

坂本隆二プロのその他のコンテンツ

Share

坂本隆二プロのその他のコンテンツ