まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛媛
坂本隆二

中古物件なら何でも任せて安心!不動産のプロ

坂本隆二(さかもとりゅうじ)

株式会社アールホーム

コラム

中古住宅購入+リノベーションを選ぶわけは総予算という方が多い

リノベーション施工

2018年6月4日 / 2018年8月17日更新

確かに新築よりも総予算が少ないです.




中古住宅を買ってリノベーションしてオリジナルの家に住みたい!

よく最近耳にします。

じゃあその中古住宅買うという選択肢を選ぶのはなぜでしょうか?

誰も住んだことない新築の方が良いことないですか?

ズバリお聞きするとその一番の要素が

「予算が新築よりも断然安い」です。

これは我々プロの立場から見てもおおよそ当たってます。

ではどのくらい新築よりも安いのでしょうか?


お尋ねしますが、「新築よりもどのくらい安くできればお得感を感じますか?」

皆様からお伺いすると平均的に900万円以上購入物件近隣の新築物件よりも総予算が安く済むとお得を感じるようです。

確かにそれくらい総予算の差額があると割と早く売れてます。

900万円総額が変わると毎月の支払いが

低金利の今でこそですが、例えば1%の住宅ローンの金利で

毎月の支払いが、25年返済で33,918円、30年返済で28,947円、35年返済で25,405円差が出ます。

40歳代の方が購入する場合25年返済をチョイスする方が多いですが、年間の支払いで407,016円も新築購入よりも差が出ます。(33,918円×12か月)

では新築購入よりも安く済んだ差額のお金はどう使いますか?




子供の充実した教育費




年に1回は海外旅行?




趣味や老後に備えての貯金ですかね?



終身雇用体制が崩れ企業が副業も良しとなってきたこの時代、サラリーマンの給料は頭打ち。

でも住宅は欲しい、借家よりも持ち家が良い。

そうなってくると中古住宅+リノベーションでも良いんじゃない?


ですので昨今では業者が中古住宅を購入後、リノベーション工事を施し販売するケースも増えてきました。

それがニーズとして増えてきてるからです。

アールホームでもリノベーション済物件かなり紹介してまいりました。

購入者様の意見を取り入れいろいろと特徴のある物件取り扱ってます。

ご興味のおありの方、ホームページ覗いて見てください。

勿論中古住宅購入そしてリノベーション工事も併せて承れます。

オリジナルのリノベ物件一緒に造りませんか?

この記事を書いたプロ

坂本隆二

坂本隆二(さかもとりゅうじ)

坂本隆二プロのその他のコンテンツ

Share

坂本隆二プロのその他のコンテンツ