マイベストプロ愛媛
  1. 自分のせいで火事!!隣の家にも被害が・・・お詫びをしたい!!
佐川啓子

お金と人生の「整理整頓」をサポートするプロ

佐川啓子(さがわけいこ)

株式会社ぽると

コラム

自分のせいで火事!!隣の家にも被害が・・・お詫びをしたい!!

2019年2月4日

テーマ:長生きリスク

一生懸命が好き、お金と人生の「整理整頓」をサポートする佐川啓子です。

節分って、「季節の変わり目」という意味から、季節の変わる前日のことをいうそうです。
冬から春のはじまり!はじまりっていいですね~♪
節分って、小さい頃から『豆まき』を楽しむ行事でもありますが、なんと豆と一緒にチロルチョコが・・・
ちょっと変わった祖母の豆まきは何年たってもいい思い出です(笑)



ただ、2月は乾燥注意報の発表も多い季節!
乾燥で火災が生じやすくなるため、火の元の管理も厳重にです!!
先日も、70代の方から「万が一火事をだしてしもて、隣の家が燃えたらどうなる?」のお声が・・・

隣の家まで焼けてしまったら・・・どうしよう!?

自分のせいで自分の家が焼けてしますのは、仕方がないが・・・
何も悪くないご近所さんの家まで焼いてしまったら、
長年、この土地で暮らしてきとるけん、申し訳ないではすまされんし・・・
こんなご心配のお声が・・・
実は、隣家を焼いてしまったとしても、原則、賠償する必要はありません。
「失火の責任に関する法律(失火法)」という法律があって、故意または重大な過失がないかぎりは、
払わなくてもよいことになっています。

ご近所にお詫びのための保険金は・・・

しかし、さすがに、自分が起こした火事によって隣家をやいてしまったら、知らんぷりはできません!
しっかりとした対応をしていなければ、今後はそこに住めなくなることもあります。
例えば、「失火見舞い費用保険金」は、火事によって、隣のお家にも被害が・・・お詫びをしたい!
その見舞い費用が保険金として出ます。
また、「類焼損害補償特約」は、火事によって、類焼先の火災保険で十分、家を直せなかった。
その修復費用の不足分を補償します。
火事はどんなに気を付けていても、起こりえます。
火災保険は5年、10年と長期で加入していて、なかなか確認するタイミングが来なかったりします。
保険は万が一のためのお守りです。ぜひ、確認をしてみてくださいね。

お知らせ

ライフプランのご相談
住宅ローンのご相談
確定拠出年金(iDeCo)の相談

この記事を書いたプロ

佐川啓子

お金と人生の「整理整頓」をサポートするプロ

佐川啓子(株式会社ぽると)

Share
関連するコラム