まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛媛
佐川啓子

お金と人生の「整理整頓」をサポートするプロ

佐川啓子(さがわけいこ)

株式会社ぽると

コラム

年金が心配!いつまでもあると思うな貯金と仕事!

老後資金

2018年10月7日 / 2018年10月8日更新

一生懸命が好き、お金と人生の「整理整頓」をサポートする佐川啓子です。

秋祭りの季節、地域のお手伝いでママたちと会話が弾み、情報交換の機会でもあります(*^-^*)
だいたい、話題となるのがこの2つ。「 子供の話 」と「 お金の話 」。
どこの高校を受験する?と子供の話から、
将来のお金も心配よね!年金もあてにならんし~とお金の話に。
教育資金も老後資金も同時進行しないとね~と発言すると、そんなんムリー 目の前のことで精一杯よね~って感じで返され・・・
本当に不安なのか心配なのか、頭がグルグルしちゃいます・・・(笑)
待ったなしの子育て!そして老後資金、両方とも目の前の出来事、今なんですよ!



老後と聞いて、老齢年金は知ってるけど、年金定期便は知らない!


一番気になる自分の年金がいくらか確認が大事!
老後資金が心配なら、ねんきん定期便をじっくりみたことがありますか?
実は、ねんきん定期便で将来の年金見込み額を確認することができます。
じっくり見たくない方は・・・簡易的な計算方法でおおよその年金受給額を出すことができますよ。

  国民年金  2万円×加入年数(上限40年)

  厚生年金  平均年収×0.55%×加入年数

この式にあてはめると、年間の受給額がわかります。
例えば、夫は22歳から64歳まで会社員 平均年収500万円  妻は専業主婦だった場合

 夫:国民年金 2万円×40年=80万円
   厚生年金 500万円×0.55%×42年=115,5万円

 妻:国民年金 2万円×40年=80万円

ご夫婦2人の年金は、一ヶ月あたり22,9万円です。

老後資金づくり専用の特別な口座 iDeCo


老後資金が足りないにもかかわらず、何もしていな方へ
まずは 、 iDeCo をはじめてみませんか?
iDeCoとは、自分で運用商品を選び、その運用実績によって将来支給される年金額がかわる年金です。
何が特別なのかといいますと、得する税金が3つあります。
1つ目は、口座にお金を積立する時に、税金が得します。
掛金の全額所得控除です。所得税と住民税が安くなります。
2つ目は、口座でお金をふやしていく時、運用中も税金が得します。
運用期間中の利益や分配金が非課税です。通常の場合は、20.315%の税金がかかります。
3つ目は、老後資金専用口座ですので、60歳以降受取時に税金が得します。
対処控除や年金控除が使えるので、受け取り方によっては税金がゼロ、もしくは軽減されます。

柔軟性と勇気と友達になろう!

人生100年時代と言われる中、いったい自分は何歳まで生きているのだろう?
と、考えたりします。
年老いて、老後資金に困ってからではどうにもなりません。
昔々の金利の良い時代でもないのですから、自身の安心安全を求めるのなら、変化や新しいものを取り入れる柔軟性や勇気が必要です!
情報をキャッチするのも、自分です。わからないとほったらかしにするのも自分です。
一人では動けない方、勇気が足りない方、私がお手伝いさせていいただきます(*^-^*)
ぜひ、初心者向けセミナーに足を運んでみてくださいね!

お知らせ

ライフプランのご相談
住宅ローンのご相談
確定拠出年金(iDeCo)の相談

この記事を書いたプロ

佐川啓子

佐川啓子(さがわけいこ)

佐川啓子プロのその他のコンテンツ

Share

佐川啓子のソーシャルメディア

youtube
ぽるとチャンネル
2018-09-24
twitter
Twitter
2018-02-01
instagram
Instagram
facebook
Facebook