まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛媛
佐川啓子

お金と人生の「整理整頓」をサポートするプロ

佐川啓子(さがわけいこ)

株式会社ぽると

コラム

商売繁盛に大事なのはお金に対する信念です

お金と心理の関係

2017年11月5日

本日のテーマは、営業や販売など主に商売をされている方向けの内容となっております。
いつも、ブログを見ていただいてありがとうございます!!
お金と人生の「整理整頓」をサポートするプロの佐川啓子です。

今日のテーマは、営業をされている人や販売に従事している人に向けて書いてみようと思います。
あなたは、自分の商品を今よりも高く売ることが出来ますか?

いきなり何を言っているのか訳が分からないと思われた方、きっとあなたはご自身の商品に魅力を感じていないのではないでしょうか?
あなたがご自身で値段を決めれないからという方もいらっしゃることでしょう。
残念ながら、このように思われる方にトップセールスマンや商売上手な方はいらっしゃいません!!
なぜなら、売る側のご自身がお金に対してネガティブな感情をお持ちだからです。
もっとわかりやすくお伝えすると、同じ商品を安くしてうるということはある意味だれでもできることです。
だれでも出来るということは・・・あなたから買う理由もないのです!
ですので、あなたにはファンという人がついてきませんね。。。
お金は、人を伝って手元にやってきますのでファンがいないということはお金が手元に入ってこないということになります。

高く売ることとこれがどう繋がるのか説明していきましょう!!

商品を高く売る必要性


あなたは、150円のコーラを1000円で販売しているところがあるのをご存知だろうか?
もし知っているというのであれば、かなりの情報通かもしくはこの場所に行かれたことがある方ですね!!
これは、とある有名ホテルで出されているコーラのお話です。
そのホテルには、ファンがいっぱいいるのは間違いないことですが、さらに驚きなのはホテルの従業員さんについているファンも多いということです。
私もレストランだけ使用したことがありますが、なるほどと頷ける対応をしていただいたのを覚えています。
ですが、何をしていただけたのかと言われると実は具体的に覚えていないのも事実なんです。
でも、いい感じだったのでまた行ってみたいと思っています。
これを、ご覧になっているみなさまもこのような思いになられた経験はないでしょうか?
これって、どういう思いになっているのかと言いますと、人は高い買い物をすればするほど自分が選んだ物やサービスに間違いはないと思いたいという心理が働きます。
逆に自分がこれぐらいなら「まっいいか」という思いで買った物などは、すぐに使わなくなって物置の奥に隠れていたりしていませんか?
多くの人が、自分がちょっと高いなと思う人やお店ほど記憶に鮮明に残りますが、そうでもないところは全く記憶に残らないのです。

商品を高く売るにはどうすればいいのか


では、自分の商品を高く売るにはどうすればいいのか?
これは、いかにその商品に付加価値をつけていくのかだけです。
付加価値にもいろいろあります。
お金もかけずに出来る付加価値と言えば、ネーミングだったりキャッチフレーズだったりに工夫することでしょう。
ありきたりの名前で売るよりも、変わった名前の方が記憶にも残るものです。
最近では、お米などもブランド米と言って地域の独特なネーミングで販売しているところが多いですね。
つまり、高く売るためにアイディアをどれだけ出すのかこれにつきます。
安く売るのは、当たり前の手法です。
そして、安く売っている人ほど早くに商売が出来なくなっているのも結果として出ております。
あなたは、これからどっちの方向で商売をされますか?
もっと具体的なお話が知りたいようであれば、いつでもお問い合わせしてくださいね!!

お金と心理は繋がっています

お金の心理が分かる書籍です。






誰もが心の奥底に“行動のブレーキ”を持っています。中にはそれで一生悩む人もいます。私自身もそうでした。
この本は、かなり手厳しい部分も多くあり、落ち込んでしまう部分もありますがそれを真摯に受け止めて行動に変えていくことをお勧めします。
もし、あなたが今の生活で十分満足しているというのなら読む必要がない本ですね!!

億万長者お金を生み出す26の行動原則

お知らせ

ライフプランのご相談
住宅ローンのご相談
確定拠出年金(iDeCo)の相談

この記事を書いたプロ

佐川啓子

佐川啓子(さがわけいこ)

佐川啓子プロのその他のコンテンツ

Share