まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛媛
水谷紀子

コミュニケーション力を上げるビジネスマナー研修のプロ

水谷紀子(みずたにのりこ)

オフィス・カラー

コラム

押し問答にならない、スマートな「奢り方」

気遣いのマナー

2018年6月27日

思い切って「100万円ください」・・・そう言ってみるのも時にはオススメです。

こんにちは。
愛媛・四国で「愛され社員」「振る舞い美人」を育てる研修講師、
オフィス・カラーの水谷紀子です。

例えば一緒に撮った写真をプリントして渡した時。
休憩のコーヒーを差し入れた時。

自分の中ではお金はいらないと思っても
「え?いくら? いやいや、払うよ」
と言われたら、せっかくの好意がお互いに残念な気持ちで終わってしまうこと、ありますよね。
あんまり押し問答になるのもスマートではありません。

笑えるくらい大きな提案をしてみる

そんな時には、
 ◆ 「130円くらいだからいいよ」
 ◆ 「うちのプリンターで印刷したからいいよ」
というよりは、思い切って
 ◆ 「じゃあ100万円ください♡」
・・・と笑えるほど大きな提案をしてみるのも意外とオススメです。

もちろん、好意を受けた側も
「そっか。少しのお金だし」とそれを当たり前に思わず
次の機会には何か別の好意でお返ししたり、ありがとうの気持ちは忘れずにいたいもの。
お互いに、思いやりの気持ちを忘れず、上手に好意を伝え合いたいものですね。

✽ ✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽
オフィス・カラー 水谷紀子
HP ◇研修メニュー・金額 ◇個人レッスン・金額

この記事を書いたプロ

水谷紀子

水谷紀子(みずたにのりこ)

水谷紀子プロのその他のコンテンツ

Share

水谷紀子のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-09-22
facebook
Facebook