まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛媛
水谷紀子

コミュニケーション力を上げるビジネスマナー研修のプロ

水谷紀子(みずたにのりこ)

オフィス・カラー

コラム

相手の好意を上手に受け取ること

気遣いのマナー

2018年5月29日

ついつい「相手に悪いな」と思って、遠慮しすぎてしまうことありませんか?

図々しいのはどうかと思うけれど、時には相手の行為を素直に受けとることも
それは思いやりのひとつ、なのです。

こんにちは。
愛媛・四国で「愛され社員」「振る舞い美人」を育てる研修講師、
オフィス・カラーの水谷紀子です。

例えば、誰かに手伝おうか?と言われたとき
「これは私のすることだから」
「相手に悪いし…」
と、ついつい遠慮しすぎてしまうこと、ないですか?

もし、手伝ってもらった方が楽だと思ったり、本当はお願いしたいなと思ったら
その行為は素直に受け取りましょう。
そうじゃないと「なんで私ばっかり」と思う自分が出てきて、イライラしてしまいます。

相手の方も、素直に「ありがとう」と言ってもらえると
「役に立てた」と、嬉しいですよね。

「嬉しい。ありがとう!」
その感謝の気持ちを持ち続けていたら図々しい自分にはならないし、
逆に「この前手伝ってもらったから私も」という気持ちがうまれると思うのです。

まずは小さなことから!
受けとり上手になれるといいですね。

✽ ✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽
オフィス・カラー 水谷紀子
HP ◇研修メニュー・金額 ◇個人レッスン・金額

この記事を書いたプロ

水谷紀子

水谷紀子(みずたにのりこ)

水谷紀子プロのその他のコンテンツ

Share