まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛媛
新岡和哉

妊娠しやすい体づくりを支える漢方自然薬のプロ

新岡和哉(しんおかかずや)

漢方自然薬 わかまつ

お電話での
お問い合わせ
089-907-8200

コラム

健康な身体をつくる食事の陰陽、酸性・アルカリ性

健康雑記

2018年12月1日

私たちの体は毎日食べるもので作られているから、食事が大切

ダイエットでも妊活でも、アトピーでも、生活習慣病でも食事の話は抜きでは
よい体質にはできません


数年前、和食がユネスコの無形文化遺産に登録されましたね。

和食が文化遺産に選ばれる理由になったことにひとつに
健康的でバランスが良い食事であるということがあります。

食べ物には体を温める性質のもの(陽性)冷やす性質のもの(陰性)があり、

また別の分け方では血液をドロドロさせる傾向のもの(酸性食品)
血液をサラサラさせる傾向のもの(アルカリ性食品)があります。


体の中は熱くなりすぎてもいけないし、冷えすぎてもいけません。
やや温かめの真ん中あたりがよく。
下にでてくる表では「中庸(ちゅうよう)」に位置するものが真ん中です

血液はドロドロでなくサラサラとスムーズに流れている方が良い。

そのような状態を維持していくのにちょうど良いバランスになっている食べ方が和食の献立なんです。

下の図は陰性と陽性、酸性・アルカリ性で食べ物を仕分けしてみました



ご飯よりもパンやパスタで食べる洋食の食事になると
一緒に食べるものも油を使った肉料理や卵料理が多くなり、
コーヒーや乳製品を一緒に飲んだりするので、酸性気味の食事になり、
また冷やすものが多くなります。


昔ながらの和食は野菜類には冷やす物も使ったりしますが、
味噌汁の味噌などベースに使う調味料が極陽性の体を強く温める物になるし、
煮物などは根菜類を良く使うから、
トータルしてみると冷やす物もあっても温める物も多くてバランス良くなり、
ご飯を食べて、そこに魚や卵など酸性の物があっても、
アルカリ性の物も多く血液をドロドロにしないで、
体を冷やさないバランスの良い食事になりますね


そしてこの表にして見てみると、

極陰性で酸性の食べ物が一番体に良くないのはわかりますよね。

ところが日本人はこの数十年で健康的な和食から洋食をよく食べるようになっただけでなく、
極陰性の酸性の物をたくさん食べるようになり、
酸性向きの冷え体質の体になっている人が多く、いろんな体の不調を生む原因にもなっています。

健康な体のためにはバランスのとれた健康食である和食をもっと見なおし、
家庭の味の定番にしていただけたらと思います。


最後にCMです

そうはいっても忙しくてバランスいい献立に毎日はしていけない
・・というのも誰もがかかえる事情ですね

そこをサポートするのに様々なサプリメントもあるわけですが
サプリも合成したサプリより

天然素材栄養のバランスがよいスーパーフードといえるものがベスト

星の数ほどあるサプリの中から安全性、栄養価、素材で良いと太鼓判を押せて
20年以上勧め続けているのがこのバイオリンクです

妊活、アトピー、ダイエット、生活習慣病・・多くの方に飲んでいただいています


バイオリンクはやや温めの中庸に位置するので、バランスもいい

ただ、体の冷えがかなり、強い方は温める力の強い
極陽性に位置するようなサプリを選んだ方がいいということになります

そのあたりはカウンセリングの上、選ばせて頂いております


読んでいただきありがとうございます
不妊で漢方自然薬による妊娠しやすい体作りを考えたいという方
ダイエットしたい方
生活習慣病、アトピーで体質からよくしたい方
こちらからお気軽にお尋ねください
https://ssl.xaas.jp/s0232036/login/enqueteEdit/index/EnqueteId/1


遠隔地の方にも遠隔妊活相談
詳しくはこちらから
http://www.shizenyaku.jp/original22.html

この記事を書いたプロ

新岡和哉

新岡和哉(しんおかかずや)

新岡和哉プロのその他のコンテンツ

Share

新岡和哉プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
089-907-8200

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新岡和哉

漢方自然薬 わかまつ

担当新岡和哉(しんおかかずや)

地図・アクセス

新岡和哉プロのその他のコンテンツ