まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛媛
新岡和哉

妊娠しやすい体づくりを支える漢方自然薬のプロ

新岡和哉(しんおかかずや)

漢方自然薬 わかまつ

お電話での
お問い合わせ
089-907-8200

コラム

妊娠に重要な役割をする「糖鎖」

不妊

2018年5月11日

皆さん、糖鎖とおい言葉こかれたことありますか

私たちの体は何10兆ともいわれる細胞でできていますが、
その細胞の表面の膜にあるアンテナみたいなものです

私たちがいろんな情報を目でみたり、耳で聞いたりして受け取っていますが
細胞にもそういう眼であり耳である糖鎖というアンテナがあってそれで様々な情報を受け取っています
もしもアンテナの感度が悪いと、その細胞はきた情報を見逃してしまうわけです

そして妊娠のためにも体の中ではいろんな情報が流れて
様々な場面で糖鎖がその情報をうけとり、それによりアクションがおこっています
精子と卵子の糖鎖で連絡をとりあっています

膣内に精子が射精されると精子は卵子が待つ卵管を目指して泳いで行きますが
卵管は左右2本ありますよね
そのとき排卵している卵管にいかないと無駄足になってしまいます
近年の研究によると精子は、「卵子の待つ卵管:卵子のいない卵管=9:1」に分かれるそうです。
9割がちゃんと正しい道を選んでいるのは「糖鎖」で卵子が誘導しているからなんです
ただ糖鎖のいかれている精子は反対にいってしまうのでしょうが・・・

そして卵子のもとにたどりついた精子たちを卵子は敵でな見分けるのも卵子の膜にある糖鎖で判断します
ちなみに、卵子に受け入れられる精子の頭の部分(先体)にも糖鎖が付いていて、
お互いの糖鎖でのやり取りを行い受精が行われるのです。
互いの糖鎖がしっかりしてないと、受精は空振りになってしまいます

卵子と精子がめでたく受精しました
受精卵となったものは子宮内膜にむかい、内膜に着床して妊娠となるのですが
今度は「子宮内膜」が「受精卵」を異物じゃないか見分けようとします
ここで受精卵と子宮内膜の糖鎖が信号をとばして連絡しあい
子宮内膜が受け入れの窓口を開いて無事に着床が成立するのです。

いかがですか、糖鎖ってものすごく妊娠に大事な存在でしょう
ところがこの糖鎖が年齢やストレス、食生活の乱れなどの原因で、
不足したり感度が鈍ったりしている方が多いのだそうです

体外受精でいい受精卵が育ち、妊娠しない場合
もしかしたら内膜と受精卵の糖鎖の感度が悪いために空振りということもありえます
情報交換がしっかり出来ないために妊娠がうまくいってないとしたらもったいないですよね

当店では糖鎖を重要と考えて、糖鎖エキスのサプリ、自然薬を使用して
多くの不妊で悩んでこられた御夫婦の皆さんに喜びの声をいただいております

読んでいただきありがとうございます
なにか自分はこれに該当しそうだなと気になられた方
不妊でお悩みで漢方自然薬による妊娠しやすい体作りを相談してみたいという方
まずはホームページのメール相談フォームからお気軽にお尋ねください
https://ssl.xaas.jp/s0232036/login/enqueteEdit/index/EnqueteId/1

この記事を書いたプロ

新岡和哉

新岡和哉(しんおかかずや)

新岡和哉プロのその他のコンテンツ

Share

新岡和哉プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
089-907-8200

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新岡和哉

漢方自然薬 わかまつ

担当新岡和哉(しんおかかずや)

地図・アクセス

新岡和哉プロのその他のコンテンツ