まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛媛
新岡和哉

妊娠しやすい体づくりを支える漢方自然薬のプロ

新岡和哉(しんおかかずや)

漢方自然薬 わかまつ

お電話での
お問い合わせ
089-907-8200

コラム

妊活ドラマ「隣の家族は青くみえる」を見て

不妊

2018年1月19日

昨夜から妊活をテーマにした「隣の家族は青くみえる」というドラマが始まりました

松山ケンイチと深田恭子扮する夫婦の妊活が描かれていくようですが・・・
深田演じる奥さんの年齢が35歳(深田恭子の実年齢も35歳)

35歳は女性にとり、卵子の老化が進すみだすといわれるターニングポイントであり
設定もリアルだなと感じてしまいました

二人は子作りをめざした夫婦生活を1年以上続けているけど出来る気配がなく
子供はその気になれば出来るものだと思っていた2人ですが・・

不安になってきた奥さんの希望で不妊なのかどうか調べてもらおうとクリニックに行きます

旦那の方はそのうち出来るだろうとタカをくくっているのですが、
奥さんがいうから一応行こうかという感じで出かけます



実際、うちに相談に来られる方の中にも、
このふたりのように、その気になれば子供はすぐできるものだと思っていたといわれる方が多くおられます


だけど、簡単に出来ると思っていたものが出来ない

ドラマの主人公夫婦は医師に妊娠をめざしているのに1年数か月出来ないというと
1年たっても出来ないのであれば「不妊症」ですとハッキリ告げられてしまいます

実はある統計では・・・とくに問題のないカップルで

20代のカップルが妊娠出来るタイミングに性交渉をし続けたら4~6か月で平均妊娠する
30代前半のカップルで10ヵ月、35代後半のカップルで1年で平均妊娠する
こんなデータが出ています

これにあてはめると1年妊娠をねらった性交渉をし続けているカップルに妊娠がないのは
なにか問題があると考えて「不妊」という診断がだされてしまうのでしょうね

そしてドラマの二人には医師から不妊治療をするかどうかの選択を促されます

まずはタイミング法を何度か続けてみて
それで出来ないようでなれば人工授精を何回か続けて
それでも出来ないのであれば体外受精をする

・・・というように治療をしていく流れが説明され、2人は戸惑います



最初に一気に流れを言ってしまう先生もいれば、
まずはタイミングをしてみましょうということで入り、タイミングを続けて結果が出ない場合に、

おもむろに人工授精へのステップアップをすすめるという先生もありで
いろいろな先生がいると思いますが
ドラマなのでインパクトを与えるために、一気に説明する方が描かれたのでしょうね

困惑する二人ですが、
この困惑する気持ちは不妊治療を始めようとされた夫婦の皆さんが
一度経験されている思いではないでしょうか

これからこのドラマではこの先リアルに治療の経過も描かれていくのでしょうが、
病院での治療が中心になるので、
たぶん描かれないだろうなと思うのが、「妊娠しやすい体つくり」ということ
私からしたら大事なことなので描いてほしいのですが・・・

不妊治療は妊娠できる確率をあげていく治療になるのですが
妊娠させようというどちらかというと攻めの治療
でも妊娠しにくい理由には目にみえてこない
体調の不良も大きく関わっています



そこに目をむけるのが私の店でおこなっていること
疲れやすい、代謝がよくない感じがする、体の冷えを感じる、ストレスで心も体も重い
こういうことは病院の検査での数値では表せないものですが
妊娠しにくい体調に関わっています

なによりこういう状態でおこなう不妊治療は体にも心にも負担をかけてしまいます
病院の不妊治療が攻めなら、漢方自然薬での体つくりは守りの治療かなと思っています

このドラマの進行にあわせてブログも書いていくので
読んでいただければと思うし、読まれる皆さんの参考になればと思います

この記事を書いたプロ

新岡和哉

新岡和哉(しんおかかずや)

新岡和哉プロのその他のコンテンツ

Share

新岡和哉プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
089-907-8200

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新岡和哉

漢方自然薬 わかまつ

担当新岡和哉(しんおかかずや)

地図・アクセス

新岡和哉プロのその他のコンテンツ