まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛媛
新岡和哉

妊娠しやすい体づくりを支える漢方自然薬のプロ

新岡和哉(しんおかかずや)

漢方自然薬 わかまつ

お電話での
お問い合わせ
089-907-8200

コラム

名酒「獺祭」と現代人向けの漢方

健康雑記

2018年1月5日

5日になり、お正月気分のだんだん薄らいできたところですが・・・

家族がそろい、娘婿もまじえてのお正月に、祝杯をあげ、今年最初にいただいた酒は・・・

純米大吟醸「獺祭2割3分」



嫁が退職のときに店長からもらったものなのですが・・
山田錦という酒米の表層部を77%削ったもので作られるもの

酒米の表層部には雑味になる糖質などが含まれているので
それを削りとるほどに雑味が抜けて飲みやすくなりますが
純米大吟醸とは50%以上削り取ったもので、
獺祭の2割3分は極限まで削りとったものといえます

獺祭は安倍総理がオバマ大統領が来日した時にプレゼントしたことでも
話題を呼び、さらに有名になりました



製造元の旭酒造は一度は潰れかけたような弱小の造り酒屋だったところ、
日本酒ばなれがすすむ斜陽業界で獺祭をヒットさせて起死回生
日本酒の人気ブランドに押し上げたさせた社長は本も書いています



読んでみると私たちの薬業界とも通じるところがいっぱいあります。
日本酒を製造には杜氏という職人の存在が不可欠とされてきたのですが、
獺祭の酒作りには杜氏は存在しません
杜氏は長年の経験と勘で酒を仕込みますが、
それをデーター化して徹底管理しつつ、
丁寧な手つくりの行程はしっかり人間がして
古きものと新しきものを融合させて、いい酒を作りだそうという仕組みを確立させて
多くの酒好きをうならせ、
また日本酒を本来飲まなかった人たちからも支持をうける酒を作りだしたんです

時代にあわして美味しい本物を作りだしたのでしょうね

漢方薬も日本酒同様、歴史の古い伝統的な処方がたくさんあります
江戸時代以前からあり、現代まで使われ続けている処方
現代まで残っているからいい処方なんですが
時代とともに人間の生活も変わります

江戸時代、明治時代は冷蔵庫もなく、エアコンもなく、ビールやアイスクリームもなかったし
現代と生活、食習慣もまったく違います

冷え性にしても昔の人と身体の冷え方も違ってきたりしています
昔のの人にはその処方だけであっていた漢方も
現代では生活事情では、その漢方だけでは効きつらくなっているものもある気がするんですね

漢方も現代流にアレンジされた処方も出て来ていますが
現代流の組み合わせにカップリングしたほうが漢方単独で飲むより良いという人も多いです

うちの店にこられたお客さんは、昔からの「漢方、漢方した薬」が出てくると思って来店したら
バイオリンクやオイスター、サメミロンだとか健康食品的なものも出てくるので驚かれる方もいます





とくに不妊やアトピーは昔より現代の方が増えているから
より現代にあわせたものが必要なのかもしれません

獺祭が古きよきものと新しいものをあわせて現代にあった名酒になったように
漢方も古きものの良さと、現代にあったものとを合わせて
お客様の身体にとり、よい処方を出していきたいと私も思っています

今年もよいものを皆さんにお勧めできるように・・・

この記事を書いたプロ

新岡和哉

新岡和哉(しんおかかずや)

新岡和哉プロのその他のコンテンツ

Share

新岡和哉プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
089-907-8200

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新岡和哉

漢方自然薬 わかまつ

担当新岡和哉(しんおかかずや)

地図・アクセス

新岡和哉プロのその他のコンテンツ