まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛媛
新岡和哉

妊娠しやすい体づくりを支える漢方自然薬のプロ

新岡和哉(しんおかかずや)

漢方自然薬 わかまつ

お電話での
お問い合わせ
089-907-8200

コラム

コウノドリ、不育症

不妊

2017年12月9日

昨日、放送のドラマ「コウノドリ」は不育症がテーマになってました

不育症・・妊娠はできるが流産を繰り返してしまう
ある意味、不妊よりもつらいです



ドラマの中でも言ってましたが、原因は検査によりわかるものもあれば
不明なものもあり、不明なものは染色体異常が原因とおもわれるけど
その原因はというとこれだというものはないのです




検査によってわかるのが血液が固まりやすい体質、抗核抗体(自己免疫疾患)
妊娠により自分の免疫系が誤った反応をして受精卵を攻撃したり、
血液がかたまやすくなり、血栓ができたりして
胎児に血液と酸素が十分にとどけれず死んでしまう

私のところにも、不育の相談はよくあるのですが、
この抗核抗体が検査ではっきりして不育症と診断を受けていた方の相談もあります

印象に残っているあるお客さんの話を少しさせていただくと・・
その方は3回流産を繰り返していて、抗核抗体が陽性、
また白血球のNK細胞が多いとの診断をうけていました
NK細胞は本来、ウィルスやがん細胞から体を守る兵隊みたいな存在なのですが
過剰に働きすぎて受精卵をも攻撃の対象にしてしまっていることが考えられました

このとき、私がすすめたのはリュウマチの治療で効果を発揮している漢方でした
リュウマチと不育・・まったく違うようですが、
自分の免役が自分の体を攻撃してしまうという自己免疫疾患という意味では同じ
なので免疫の行き過ぎを抑えることを考えて出したのですが、
1カ月が9万円くらいかかるものだったので
さすがに妊娠前から飲むことはその方も出来なかったのですが、
妊娠が判明したその日から飲みはじめてもらいました

病院からも出される血栓をつくりにくくする薬も併用
漢方の血液が固まりにくくする処方もあわせて飲んでもらいましたが、
無事、出産を迎えられました
5~6か月目くらいまで無事に育ってくれると安心領域になるので
その時期を迎えた時にはほっとしたものです

3度も喜んでは悲しい想いを繰り返されたけど、4度目は喜んでもらえて感無量でした

流産を繰り返した場合、こういう理由もありますが
多くの場合は染色体異常で、これはめぐり合わせです

その時はつらいけど悲観せず、次は大丈夫と信じてください

わかまつでは不妊だけでなく、不育の漢方相談も承っています
http://www.shizenyaku.jp/

この記事を書いたプロ

新岡和哉

新岡和哉(しんおかかずや)

新岡和哉プロのその他のコンテンツ

Share

新岡和哉プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
089-907-8200

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新岡和哉

漢方自然薬 わかまつ

担当新岡和哉(しんおかかずや)

地図・アクセス

新岡和哉プロのその他のコンテンツ