まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛媛
新岡和哉

妊娠しやすい体づくりを支える漢方自然薬のプロ

新岡和哉(しんおかかずや)

漢方自然薬 わかまつ

お電話での
お問い合わせ
089-907-8200

コラム

妊娠までのプロセスとその中でおこる不妊の問題その2

不妊

2017年8月30日

ここで使っている画像は「妊娠までのプロセス」という言葉でネット検索したら出てくるもので
ステップ1から6までの行程にして一番わかりやすい画像かなと思うにで載せています

これに沿ってステップ1からステップ6までの問題を書いていくコラム、その2回目、ステップ2です



ステップ2 は「排卵 」です

卵胞が成熟してくると、脳下垂体から排卵を命令する「LH(卵胞化ホルモン)」が分泌されて、それを受け止めたもっともいい状態の卵胞から卵子が卵巣を破って排卵されて、卵管の中に入っていきます



ここで起こる問題 が・・・

①ホルモン異常
プロラクチンという母乳を分泌させるホルモンが多くなっているとLHを阻害してしまうので排卵が抑制されてしまいます。
プロラクチンはストレスが多いと分泌が多くなる傾向があります

②お血(おけつ)による卵巣脳腫や癒着
お血とは血液がドロドロ質で流れが悪い状態、
そういう血が卵巣内に溜まるとチョコレート膿腫をこしたり、また卵巣の外側にくっつき癒着をおこすと、
卵子が卵巣を割って排卵しにくくなり、多嚢胞性卵巣症候銀をおこしたり、未破裂卵胞といって、卵胞は成熟しているのに卵巣の中に残ったままという状態になったりします。
(未破裂卵胞の場合は基礎体温は2層になり、一見排卵しているように見えます)

この記事を書いたプロ

新岡和哉

新岡和哉(しんおかかずや)

新岡和哉プロのその他のコンテンツ

Share

新岡和哉プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
089-907-8200

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新岡和哉

漢方自然薬 わかまつ

担当新岡和哉(しんおかかずや)

地図・アクセス

新岡和哉プロのその他のコンテンツ