まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛媛
中田康晴

人が辞めない職場づくりを支援する介護コンサルのプロ

中田康晴(なかたやすはる)

株式会社グッドコミュニケーション

中田康晴プロのコラム一覧:介護事業所の職場改善

 5W2Hとは言うけれど 公費で運用される介護サービスにおいては、サービス提供の証となる介護記録が、非常に重要です。客観的な情報を、正確に記録しなければなりません。テキストなどでは、5W2Hで、記録しましょうと説明されます。でも、研修などで、「では5W2Hを言ってくだ...

想像を上回る記録的豪雨から1週間。日を追うごと報道される事態の深刻さ。映像を目にしながら、心が痛みます。南予の事業所さんから、いろいろと報告をいただいております。ご家族のみなさん、職員のみなさん、利用者のみなさん、お知り合いの方など、被害が最小限にとどまることを、お祈...

 最近研修に参加していますか? 複数の介護事業所の職員が集まって介護を学んだりや事例検討を行う集合型研修。比較的、多くの事業所が参加しやすい研修の形です。そういった研修では、参加者が小グループに分かれて、自分の事業所ではこんな事をやっていると、みんなでオープンに話し合...

 介護職が望んでいる職場とは 介護職のスタッフがどんな職場を望んでいるのか?まずは、笑顔がある職場、そして経営者も含めて一体感のある職場、さらに、注意や指導も含めて互いに言いたいことが言い合える職場、表現方法は違っても、概ねこの3項目に集約されると思います。私が思うの...

 正直者がバカをみる やってもやらなくても給料に差がないならやらない。これって当たり前のことだと思います。こういう状況であれば、正直者がバカを見るということになります。一生懸命に仕事に取り組む人が、やる気を無くし、適当にやっている人が、いい思いをする。仮に公平な評...

 なぜマスクをするのか 介護現場でずっと気になっていることがあります。それが、「マスク」なんです。実際に感染している利用者のお世話をする時、嘔吐物の処理をする時はもちろん必要ですが、作業が終われば、使用していた手袋やマスクはすぐに処分しますよね。一日中、朝から晩まで...

 人材確保をどうするか どこの介護事業所でも、必ず話題になるのが、人材確保のことです。ハローワークに求人を出しているのに、問い合わせが無い。求人情報誌、求人広告に、募集広告を出しても、反応が無い。それはそうでしょう。毎週あれだけの求人広告が一気に掲載されれば、あ...

春ですね。新卒の新人さんを迎えた介護施設も多いのではないでしょうか。今回はディズニーランドスタッフから学ぶ新人さん育成術です。介護職向けにアレンジしてお伝えしましょう。人を感動させるという意味では、介護もディズニースタッフも同じ対人サービス業です。学べる部分が大いに...

今年度の新人介護職員定着促進プロジェクトが無事終了しました。参加事業所それぞれが、自分たちの持ち味を活かし、職員が定着する職場づくりの基盤となる土壌を作ることができました。今回は、プロジェクトの活動を紹介し、離職対策の具体策を提案します。 職場全体研修を行う 職員が...

職場で元気のない職員、うつ傾向の職員がいる…。何らかの対策をしなければと思いながら、何をすれば良いのか分からない…。そんなあなたに、3つのうつ病対策をお伝えします。まず1つ目は職場のストレス要因を軽減する、つまり状況や環境に働きかけるという方法。超過勤務をはじめ、仕事の...

介護スタッフが望んでいるものの一つに連休があります。給与については、介護報酬に左右されますから、事業所の努力だけで、解決できるものではありません。しかし、休日であれば、同じ日数でも、設定の仕方次第で、スタッフの満足度を格段に高めることができます。一番シンプルで効果...

スタッフを定着させていくための方法として、世代間ギャップを埋めていくという策があります。特に、高卒の新人スタッフを、採用するのは、非常に大切なことであると思います。社会人経験のない、若い職員を育てていくには、手間も時間もかかります。あまりのできなさ加減に、周囲のスタッフ...

組織の一体感や連帯感を図る指標となるものが、参加率です。全体会議、ユニット会議、各種委員会等の公式な集まりと、歓迎会、暑気払い、忘年会等の非公式な集まり。例えば100名の職員がいて、何名が参加するのか?参加させることができるのか?一般企業であれば、会議の全員参加など当たり...

キャリアパスとは、簡単に言えば、キャリアの道、進路のことです。介護職では特に処遇改善加算の対象となるもので非常に重要なものです。組織における職位や職務に就くために必要な経験やスキル、順序、配置異動の道筋ですね。どのような仕事をどれくらいの期間担当し、どの程度の習熟レベル...

新しい年の始まりですね。みなさん、今年はどんな年にしますか?職場改善の改革元年にするのはどうでしょうか?職場活性化研修などで、同じ人間が、同じ空間で、同じ内容を伝えても、受け取る側の理解や価値観の違い、事業形態や構成する従業員の違いによって、行動の差が生まれます...

中田康晴プロのその他のコンテンツ

Share

中田康晴プロのその他のコンテンツ