まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛媛
中田康晴

人が辞めない職場づくりを支援する介護コンサルのプロ

中田康晴(なかたやすはる)

株式会社グッドコミュニケーション

コラム

介護業界では、なぜかやっていない人材確保策

経営

2018年9月8日

あらゆる方法を試す

まず、介護業界がこれから人を確保していく上では、
ありとあらゆる可能性を試していく必要があると思っています。
飲食業界においては、学生のアルバイトが普通に頑張っています。
私は、学生アルバイトを採用し、育てるというサイクルを何度も繰り返し、
経営を継続している飲食業界を見習ったらいいと思っています。

辞めることがわかっていても育てる

社会人経験の無い高校生や大学生を、
どれだけ丁寧に指導育成して、どれだけ働き者のアルバイトに育てても
進学したり、就職したりして、殆どの学生は2~3年で職場を去ることになります。
だからといって、いい加減に育てていると、それこそ1週間も持たずに辞めてしまう…。
若い学生アルバイトを育てていくのは、本当に難しいと思うのです。
モチベーションを高く保たなければ、育てる側にも意欲がなくなってしまいます。
でも、どこのお店でも、毎年何度も繰り返していることで、
いい意味で開き直っているのかもしれません。
「そんな当たり前のこと、どこの店でも一緒だし、今さら苦労だとは思ってないよ」
みたいな感覚でしょうか。

できない理由を並べてみても仕方ない

こうした短期間で若いアルバイトを育てるという習慣と意識を
介護業界も学ぶ必要があると思います。
若い学生アルバイトをもっと介護業界に呼び込むことをなぜやらないのでしょうか?
介護サービスの質が下がるというのなら、介護職の正職員をサポートする「介護助手」として、
若いアルバイト学生を採用することは、本当に難しいのでしょうか?
うまくいけば、アルバイト学生を正職員として採用する道も開けるわけですから、
短期的にも長期的に見ても、学生アルバイトを積極活用するのがいいと思うんですけどね。
人が来ない、育ててもすぐ辞める等々、できない理由をあれこれ並べている暇はありません。
ぜひ学生アルバイトの積極活用を始めてみましょう!

◇相談無料!お気軽にお問い合わせください。 
http://goodcom.co.jp/contact
◇キーワードで検索!快適職場づくり160のヒント 
http://goodcom.co.jp/category/colum
◇本気で職場を変える3つのサービス
http://goodcom.co.jp/service

この記事を書いたプロ

中田康晴

中田康晴(なかたやすはる)

関連するコラム

中田康晴プロのその他のコンテンツ

Share

中田康晴プロのその他のコンテンツ