まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛媛
中田康晴

人が辞めない職場づくりを支援する介護コンサルのプロ

中田康晴(なかたやすはる)

株式会社グッドコミュニケーション

コラム

閉じこもりが介護職員の成長を妨げる

最近研修に参加していますか?

複数の介護事業所の職員が集まって介護を学んだりや事例検討を行う集合型研修。
比較的、多くの事業所が参加しやすい研修の形です。
そういった研修では、参加者が小グループに分かれて、
自分の事業所ではこんな事をやっていると、みんなでオープンに話し合ったりします。

集合型研修で見えてくるもの

この時に、露呈してしまうのが、所属している事業所の実力なのです。
自信を持って、そのグループをリードするように発言ができる事業所の職員と、
あまり積極的に話の輪に入ることができず、受け身的に聞いているだけの事業所の職員。
それは、自社の手の内を明かさないというような後ろ向きな理由ではなく、
自分には、わからないので、ひたすら教えを乞う姿勢であったり、
自分たちのやり方に不安があるから自信を持って発言できないという場合が殆どです。
情報交換型の集合研修に参加した後で、
自信満々で帰ってくる職員と自信をなくして帰ってくる職員
自分が勤めている職場に誇りが持てるかどうかが明確にわかる瞬間です。
自社のサービスレベルが、他事業所と比べて、相対的に低いと感じた時、
参加した職員は自分の職場に対する自信が持てなくなるのです!
自分と自分たちの職場は、今のままでいいのだろうか?と。

職場に誇りがもてるか

飲食店やホテルなどの接客業では、
お客として、そのサービスを直に体験し、良い点を参考にすることができますが、
介護業界では、職員が他の施設の様子を見学はできても、
自分が介護サービスを直接体験するのは、難しいですよね。
だからこそ、集合型研修で、様々な施設のスタッフが集まり、
自分達が提供しているサービスについて互いに話し合うことが、貴重な体験となるのです。
そして、自分の施設の中では、結構やれていると思っていた自分が、
他施設と一緒になったら、皆についていけない残念な自分に出会ったりするのです。
当然、これとは全く逆になるケースもありますよね。
自分の施設は、周りから比較すると、結構レベルが高いなと感じられる嬉しい誤算です。
こちらが、まさに目指すべき姿ですね。職員が自分の職場に誇りを持てるのです。

自分で気づくと変われる

こういった体験を、成長のきっかけにできるかどうかは、個人のモチベーションによりますが、
心境の変化を促すためには、必要な経験ではないかと思います。
今度の研修は、事例検討をするような研修ではありませんが、
他事業所の職員とふれあい、みんなで介護という仕事の良さを再確認できるような研修です。
まずは、モチベーションアップ研修から参加してみませんか?

◇相談無料!お気軽にお問い合わせください。 
http://goodcom.co.jp/contact
◇キーワードで検索!快適職場づくり160のヒント 
http://goodcom.co.jp/category/colum
◇3ヶ月で職場を変える3つのサービス
http://goodcom.co.jp/service

この記事を書いたプロ

中田康晴

中田康晴(なかたやすはる)

中田康晴プロのその他のコンテンツ

Share

中田康晴プロのその他のコンテンツ